あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

こころの たび どけい - 佐々木希さん

「こころの たび どけい」って いう 作品を みた。

こころの たび どけい 佐々木希さん 800-700

チケットを ぎゅっと にぎって、空港の 掲示板と みくらべた。
「ねえ、出発 時間 変更に なっとるよ」
「ほんとだ。のりつぎ だいじょうぶかな」
ともだちと はじめて、おとなに たよらん たびを した あの ひ。
不安で どきどき、でも せーのびが うれしかった。
いまは ふたりとも たびなれたけど、ちょっと なつかしい。
「中学生だったよね、おぼえとる?」

 

わたしたちの たびは ふしぎが おおい。
発車 時刻を すぎた 電車が まっとって くれたり
ヘルシンキ いきの フライトで となりの 席に 同郷の ひとが おったり
おきわすれた カメラが ホテルに とどいて、
とった おぼえの ない なのはな ばたけの 画像が はいっとったり。
「わたしたちって、たびの かみさまに まもられとるよね」
「ほれを 相性が いい、って いうじゃ ない?」

 

たびびと=佐々木希さん
しゃしん=川島小鳥さん
きかく、せいさく=朝日新聞社 広告局
Asahi Shimbun Digital[and]|&TRAVEL|心の旅時計