あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

決勝はアメリカに2たい5でまける - 2015年カナダ女子ワールドカップのなでしこ

2015年7月むいかあさ8時からのしあい、はじまってすぐ、たてつづけに2点とられる。ここまで出勤とちゅうのラジオできく。しょくばについてこのことをはなすと、さらに2点とられて0たい4になっとるとのこと。前半15分までのできごとだ。う~ん。

あとは逐次インターネットでとちゅう経過をたしかめる。前半30分ほどのとこで1点かえす。大儀見(おおぎみ)選手の得点だ。よっしゃ! まきかえしだ!

決勝の大儀見(おおぎみ)選手 (1) (ハフィントンポスト) 決勝の大儀見(おおぎみ)選手 (2) (ハフィントンポスト)
大儀見優季選手の得点ばめん(ハフィントンポスト) (ひだり) (みぎ)

前半を1たい4でおえる。后半がはじまってじきに1点とって、2たい4とおいあげる。この調子だ!って期待をもつも、すぐあとに1点をとられて2たい5となる。けっきょく、この得点のまましあいをおえる。

決勝の川澄ちゃん(ハフィントンポスト)
△ しあいをおえて健闘をたたえあうにほんとアメリカの選手ら(ハフィントンポスト) 〔選手番号9番は川澄奈穂美選手〕

いや~、おつかれさま! よる、再放送のしあいをみたけど、得点経過から想像するほどいっぽうてきにおされたしあいじゃなかったっておもうよ。あとは、もとなでしこの丸山桂里奈(まるやまかりな)さんがいっとってなるほどっておもったことだけど、にほんとアメリカじゃあ選手人口が40倍もちがうってことで、女子サッカーのすそのをひろげていくのがだいじなことだね。


(さんこう)