あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

日野翔太選手の記憶 - 2021年1月いつか

堀越=日野翔太(ジュニアサッカーNEWS) 600-780
△ 堀越高校=日野翔太選手(ジュニアサッカーNEWS)

準々決勝で青森山田高校あいてに 0 たい 4 でまけた堀越高校。結果だけみると、あー、ぼろまけだったのかーってかんじだけど、前半だけで4点とられちゃうっていうしあい展開でも、選手たちはまったくきおちすることなく、じぶんたちのめざすサッカーをやりつづけていっとった。とりわけ、ゴールをせにするようなむづかしい体勢から、キーパーごしにあわや得点かっていうようなシュートをうった日野翔太選手のプレーなんかは、みるもんをおおいにたのしませてくれた。

◇            ◇

高校サッカー
堀越「進撃」ストップ青森山田にちからまけ…「完敗だった」日野翔太主将もつよさに脱帽

中日新聞 - 2021年1月5日20時02分)

  • 2021年1月5日/高校サッカー準々決勝/青森山田 4 ― 0 堀越駒沢陸上競技場
  • 29大会ぶりに出場し、初めて8強入りを果たしとった堀越(東京A)の進撃が止まった。青森山田に力負けし、前半だけで4失点。MF日野翔太主将(3年)は「完敗だったなと思います」と優勝候補筆頭の圧倒的な強さに脱帽した。
  • それでも后半は健闘。相手のPKをストップするなど40分間を無失点でしのぎ、「ベスト8に行けて(全国大会上位校の)基準を肌で感じられたのはかなり大きいことだと思います」と、チームの将来に向けての収穫も口にした。

◇            ◇

(さんこう)