あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

おんなも むねだし? - フェメン (Фемен)

FEMENはフェメンだった。「ふぃーめん」でも「ふぃーみん」でもなかった。ほのままだ。ほれがなにものかってことについても、よみうりの三井美奈記者のつぎの記事のとおりだ。

◇            ◇

フェメン、はだかの抗議 (2013.10.19)

  • むねだしすがたで性差別や強権政治に抗議するウクライナうまれの女性団体「フェメン」がパリに本拠をうつした。フェミニズム発祥国フランスで賛否両論をまきおこしとる。
  • 移民街の木造劇場2階にあるパリ本部。なかでは、したぎすがたの女性15人がこぶしをあげ、「乳房はわれわれの武器だ!」って連呼しとった。活動家の訓練の最中。かべには「むねだし聖戦」などとかかれた、たれまくがいっぱいかかっとる。
  • フェメンは2008年、ウクライナで10代から20代の女性数人が結成。公共のばでティーシャツをぬぎ、さけびごえをあげるのがとくちょうだ。ウクライナの政治腐敗を非難し、ロシアではプーチン大統領の復帰を批判した女性歌手の収監に抗議。メンバーは母国で訴追された。中心メンバーで23才のインナ・シェフチェンコさんは2012年、フランスに政治亡命を申請し、活動家の育成道場をひらいた。
    フェメン 01 (ヰキペディア) フェメン 02 (ヰキペディア)
    △ フェメン、活動のようす (画像はヰキペディアから拝借)
  • シェフチェンコさんは「わかい女性が社会にうったえるには、はだかをさらして注意をひくのがいちばん」ってうったえる。デンマーク出身の24才の大学生ミア・イェンセンさんは「学者や政治家が正論をはくだけの女権運動にはうんざり。からだをはったおんなの闘争に魅力をかんじた」ってはなす。
  • フランスは女権運動がさかんなうえ、海岸で半裸でひやけする女性もめずらしくなく、むねだしへの嫌悪感がうすい。フランスのメディアはこの団体をフェミニズムのゲリラ戦士」(パリ・マッチ誌)ともちあげ、ルーブル美術館で「性暴力はゆるさん!」って連呼した半裸パフォーマンスなどもくわしく報じた。
  • 一方、フランスの女性団体は批判的だ。有力団体「売春と服従はあかん」代表は「フェメンはからだを『道具』にした。男女共生のありかたも論じようとしとらん」って断じた。
  • フェメンの拠点は2012年から2013年にかけての1年でドイツ、アメリカなど10か国に拡大。シェフチェンコさんによると、メンバーや支援者は3千人にのぼる。エジプトや中国で、フェメンに刺激された女性がみずからの半裸写真をブログにのせて「自由」をうったえるなど、波紋をひろげとる。

◇            ◇

うん、なるほどね。要は「むねだしして権利を主張する」ってことだとおもうけど、おんなだってむねをだしたいだ!ってこともいっしょに主張しとるようなきがするよ。にほんでもむかしはおかあさんがあかんぼうにちちやるのに、公衆の面前であっても、ふつうにむねをだしとっただよな。まあ、こういったばめんをめにするおとこのほうも、「ちょっとどきっとしつつも、あったかくみまもる」ってかんじかな。

(さんこう)