あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

民俗学 講座 ~2013.9.1 安城市文化センター~

民俗学って しっとる? おんなじ よみで 民族学ってのも あって まぎらわしいだけど、こう いう 意味だ。

民俗学とは (ウィキペディアより)
民俗学は、学問 領域の ひとつ。高度な 文明を 有する 諸 国家に おいて、自国民の 日常 生活 文化の 歴史を、民間 伝承を おもな 資料と して 再 構成せえと する 学問で、民族学や 文化 人類学の 近接 領域で ある。

うん、よう わからんけど、まずは 民間 伝承を ひろいあつめた うえで、当時の 日常 生活が どんな ふうだったかを さぐって いく 学問って ことかな。

ところで、この 民俗学の 講座が 安城 (あんじょう)で あるって いう。

◇            ◇

愛知教育大学 連携 公開 講座の おしらせ
地域に ひらかれた 大学を めざし、社会 貢献 活動と して 大学が 主催する 講座です。

講座名:「地域の歴史・文化について『民俗学』してみよう」
講師:愛知教育大学 教授 野地恒有 (のじ つねあり)氏

「民俗学」の たちばから、地域史や 郷土史の 研究法の 基礎、社会科の 授業で つかえる 民俗学、未来の 民俗学の すがた、郷土 研究 (民俗)の なやみ 相談などの テーマで おはなし します。

日時:2013年 9月 ついたち にちようび 13:30~15:00
ばしょ:安城市文化センター 講座室
対象者:市内 在住・在勤の 18才 以上 (高校生 不可)
定員:40名
受講料:300円

もうしこみは 電話で 安城市文化センターえ (0566-76-1515)
〔うけつけ 9:00~17:00、げつよう やすみ、先着 順〕

◇            ◇

うん、おもしろいかも。歴史の 講座とかは 安城でも いくつか あるけど、民俗学の 講座って やった こと ないじゃ ないかな。

きょう といあわせたら、まんだ 定員に たっしてない みたい。