あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

インターネット 各社は イラン 改革派に かたいれ (あめーば)

イーラーン

2009年 6月 12日に おこなわれた イラン 大統領 選挙後の さわぎで、インターネット 各社が イラン 改革派に かたいれしとる。

【大統領 選挙 直後】

  • 保守派 アフマディネジャドの 当選が きまると、改革派 ムサビ 支持者は 一斉に 「不正 選挙」と 反発。一部では 街頭 デモで 警官隊と 衝突する さわぎに なった。
  • ムサビは 声明で、「選挙 当日に おおくの 違反が あった。わたしは この くにの 将来を おびやかす 危険な ながれの 背後に かくれとる ものを あかるみに だす」と 選挙 結果を こばむ。
  • 最高 指導者 ハメネイは 「勝者 以外の 候補者の 支持者も、えらばれた 大統領を ささえる ように」と 結果を うけれる よう 声明を 発表。

【不正 疑惑】

【大規模 デモ】

  • 2009年 6月 15日、テヘランで 革命後 最大 規模の 抗議 デモが おこなわれた。参加者は 数十万人に ふくれあがり、ムサビ 本人も すがたを みせた。また、デモ隊への 発砲で ひとりが 死亡。

【改革派の インターネット 利用】

  • ケータイや 簡易 メールでの 情報 交換が 不可能に なった 改革派 ムサビの 支持者は、デモの 開催 ばしょや 時間に 関する 情報を ツイッターを つかって 交換しあう。これに より、100万人 規模の デモを 実現。
  • アフマディネジャド 大統領 再選に 反発する 連日の デモの 拡大を ふせぐ ため、短時間で 大量 動員を 可能に する 情報 伝達 手段の 遮断に、イラン 当局は 躍起に なっとる。

【インターネット 各社の 改革派への かたいれ】

  • SNSツイッターアメリ国務省の 要請を うけ、予定しとった ひるまの サービス 停止を 半日 おくれの よなかに 実施し、イラン 国民の 情報 伝達 手段を 確保。
  • グーグルは 翻訳 サービスに イランの 公用語で ある ペルシャ語を 急きょ 追加。
  • フェースブックペルシャ語版を たちあげる。
  • ユーチューブでは、過激な 暴力 描写を 削除 対象と する 方針を イランの デモに かぎり 変更し、視聴できる 措置を とる。
なるほど、アメリカって くには 官民 こぞって イランに 敵対するって ことか。

(ねたもと、さんこう)