読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

ABK♡朝美活 (えーびーけー あさびかつ)

三河安城駅 周辺の 清掃 奉仕を する グループの ことが きょうの ちゅうにちに のっとったね。

ABK♡朝美活 (ちゅうにち 2013.11.6)
ABK♡朝美活 (ちゅうにち 2013.11.6)

公園や 道路 わがこの ように たいせつに
まちの 美化 「さとおや」 ひとやく

住民や じもと 企業が 公園、道路などの 「さとおや」に なって 美化 活動を する 安城市 (あんじょうし)の 「アダプト プログラム *1」が、ことしで 13年めを むかえた。2013年 11月 いつか 早朝も JRの えきまえなどで ごみひろいなどを 展開し、活動は 地域に ひろく 浸透しとる ほか、市の 清掃 コストの 削減にも つながっとる。
(紙山直泰氏)

安城で 13年め - 市民らが 清掃 - 市の 経費 節減も

1985年に アメリカ テキサス州の 高速 道路で はじまり、アメリカ 全土に ひろまった 活動で、安城市は 2001年に 導入した。

現在、住民 グループや 企業など 45団体が 登録し、各地の 道路や 公園を 「わがこ」の ように おもって まいつき 清掃に はげんどる。ボランティア 活動の ため 市は 補助金は ださんけど、ぐんてや ごみぶくろなどの 必要な 清掃 道具を 提供しとる。

この ひは、JR 三河安城駅 周辺で 2年 まえから 活動しとる 団体 「ABK♡朝美活」の メンバーら 100人が 参加し、たばこの すいがらや あきかんなどを ひろった。あつめた ごみは ポリ ぶくろ 50個分 ほどに なった。ABK♡朝美活 代表で 市内 篠目町 (ささめちょう)の 主婦 野村豊美さん 54才は 「ごみを ひろう 活動が 地域に 浸透し、『ぽいすて』する ひとが へった きが します」と 成果を はなす。

安城市 ごみ減量推進室 *2の 神谷澄男 室長 52才は 「まちの 美化」は、行政の ちから だけでは おこなえん。住民の 自主的な 清掃 活動が、市の 清掃の 経費 削減に むすびついとる。今后も 参加 団体を ふやしたい」って はなしとる。

◇            ◇

この ひ 2013年 11月 いつかの 活動には、ついに 安城 市長や 副市長らも 応援に かけつけたって きくよ。代表の 野村豊美さんは 2、3年 まえにも 「もったいないばあさん」の おどりを はやらせた 人物で ある。ごみを へらすぞ!って いう かわらぬ 熱意と、ほの ひとがらが あってこそ、みんなが ついて いっとるだと おもう(^_^)


(さんこう)

*1:「アダプト」は 「養子 えんぐみ」の 意味

*2:でんわ 0566-76-3053