あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

くにの役人って業者からの接待をうけるだ

2021.2.22 (1) 山田真貴子内閣広報官 1200-890

わがあんじょう市役所勤務時代、業者からの接待をうけるなんてことはいっさいなかったぞ。くにの役人だっておんなじだっておもっとった。ほれがどうだ。総務省の役人らが接待づけになっとるじゃんか。まったくくさっとる。こんなことやっとって、業者に便益をはからんかったって、うそにきまっとるじゃんか。ほれにしても、山田真貴子内閣広報官の月給117万5,000円ってすごいな。くにがほろびるわ。

◇            ◇

接待問題 - 山田真貴子内閣広報官、衆院予算委で陳謝「はたらきかけはない」

NHKニュース - 2021年2月25日13時23分)

  • 国会では、衆議院予算委員会で、衛星放送関連会社に勤める菅義偉総理大臣の長男などから接待を受けておった、山田真貴子内閣広報官が出席して質疑が行われ、山田真貴子氏は、公務員の信用を損なったとして陳謝したうえで、会社の事業についての働きかけはなかったという認識を示しました。
    2021.2.25 NHK - 山田真貴子内閣広報官 (1) 640-360
  • 総務省の幹部らが衛星放送関連会社に勤める菅義偉総理大臣の長男などから接待を受けておった問題で、衆議院予算委員会では、総務審議官当時に、1人当たり7万円を超える接待を受けとった、山田真貴子内閣広報官が出席して質疑が行われました。
  • 立憲民主党黒岩宇洋氏は「1食で7万4,000円を超える接待を受け、国民も驚いた。国民と同じ目線で語る広報官として、ふさわしいと胸を張って言えるのか」とただしました。
  • これに対し山田真貴子氏は「国家公務員倫理法違反にあたる行為により、公務員の信用を損なうことになったことを、深く反省しとる。大変申し訳なかった」と陳謝したうえで「心の緩みがあったし、利害関係者かどうかチェックが十分でなかった」と述べました。
  • そして「職務を続けていく中で、皆様の考えをよく踏まえながら、自分の身を省みて、みずからを改善していきたい」と述べ、辞任を否定しました。
  • また「この件で菅義偉総理大臣と直接話をしたことはない」と述べました。
  • 会食の内容をめぐり、山田真貴子氏は「放送業界全体の実情に関する話はあったかもしれんが、全体としては一般的な懇談で、働きかけはなかったと認識しとる」と述べました。
  • そのうえで山田真貴子氏は「衛星放送関連会社との会食は、この1回が確認されとるのみだ。他の事業者との会食は、必要に応じ、ルールにのっとって行うことはあった」と述べました。
  • 一方、武田良太総務大臣は、野党側が行政への信頼回復のため辞職すべきだとただしたのに対し「組織をあずかる者の責任として、二度とこのようなものが起こらんよう、率先して国民の信頼回復に努めていくことが、私に課せられた責任だと考えとる」と述べました。
    2021.2.25 NHK - 山田真貴子内閣広報官 (2) 560-340
  • 官房長官、給与自主返納額は70万円余り
    この問題で、加藤勝信官房長官は、山田真貴子内閣広報官から給与月額の10分の6を自主返納する申し出があったことを2021年2月24日、明らかにしております。
  • 加藤勝信官房長官は2021年2月25日午前の記者会見で「内閣広報官の給与月額は、特別職の職員の給与に関する法律に基づき、117万5,000円となっとる。この10分の6を自主返納するとのことで、70万5,000円を自主返納すると認識しとる」と述べました。
  • 立民安住淳国対委員長「肝心なこと言わない 辞任が筋」
    立憲民主党安住淳国会対策委員長は、記者団に対し「結局、肝心なことは言わん。内閣広報官は政府を代表し、最も説明責任を負った人なので、そういう人が、どこでどんなものを食べて、どんな会話をしたのか、具体的に国会で話せんというのは問題がある。辞任してもらうのが筋だ」と述べました。
  • 国民玉木雄一郎代表「不信任決議案も選択肢」
    国民民主党玉木雄一郎代表は、記者会見で「国民の目は相当厳しいことを内閣はもっと自覚すべきだ。一連の接待問題では、武田良太総務大臣菅義偉総理大臣の政治責任も当然あり、何らかの示しをつけてもらいたい。さらに今回の根本問題として、行政がゆがめられたのではないかという疑念があり、国民が納得できる徹底調査を行うべきだ」と述べました。
  • また、武田良太総務大臣菅義偉内閣に対する不信任決議案の取り扱いを問われたのに対し「納得できる調査結果を得ることが第一だが、不十分であれば監督責任が問われる。不信任決議案なども当然、選択肢としてある」と述べました。

2021.2.22 (2) 山田真貴子内閣広報官 1460-830
2021.2.22 (3) 山田真貴子内閣広報官 1510-840

◇            ◇

(さんこう)