あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

藤枝順心、高校女子サッカー優勝おめでとう! - 2021年1月とおか

2021.1.10 藤枝順心高校優勝 (1) 1370-770 2021.1.10 藤枝順心高校優勝 (2) 1290-720
2021.1.10 藤枝順心高校優勝 (3) 1330-750 2021.1.10 藤枝順心高校優勝 (4) 1310-730

1年まえにおとずれた藤枝。まちなかのみせみせでサッカーもなかをうっとって、ほこがサッカーのまちだってことをしった。また、えきにあるでっかいかんばんで、藤枝順心高校が全日本高校女子サッカーで優勝したこともしった。ほの藤枝順心高校がきょう2021年1月とおか、作陽高校をやぶって、2年連続にほんいちになった。おめでとう、藤枝順心高校!

◇            ◇

藤枝順心が史上最多タイ5度めの頂点、連覇は史上4校め
高校女子サッカー決勝で作陽やぶる

スポニチ - 2021年1月10日16:01)

  • 第29回全日本高校女子サッカー選手権大会決勝
  • 藤枝順心(東海2・静岡)が作陽(中国1・岡山)を下して2年連続5度目の優勝を飾った。17大会連続17回目の出場で、5度の優勝は常盤木学園(宮城)に並ぶ史上最多タイ。連覇は史上4校目の快挙となった。
  • 藤枝順心は 0 - 0 で迎えた后半2分、FW窓岩日菜(2年)がショートコーナーからのクロスを頭で押し込み先制した。7分には味方が頭で落としたボールに走り込んだFW斉藤花菜(2年)が左足で蹴り込み加点。18分には途中出場のFW高尾真莉奈(3年)が左サイドから鮮やかなシュートを決めた。守っては全5試合連続無失点とし、第26回大会以来3大会ぶり、史上初となる2度目の完全優勝を達成した。窓岩は大会トップタイの5得点で得点王に輝いた。
  • 作陽は13年連続13回目の出場、3大会ぶり2度目となる決勝舞台で初の頂点を狙ったが届かんかった。
  • 藤枝順心の柳瀬楓菜主将(3年)
    • この藤枝順心で成し遂げれんかった2連覇という大きいことを成し遂げれてうれしく思います。コロナの影響でインターハイとかがなくなって全ての思いをこの大会で出そうと一生懸命頑張ってきました。つらいこと、悩むことも多かったと思いますが、ついて来てくれてみんなありがとう。

◇            ◇

(さんこう)