あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

山下良美さん、ワールドカップおんな審判員のひとりにえらばれる

あの美人審判員山下良美さんだ。高校女子サッカー決勝、藤枝順心高校たい作陽高校の主審をつとめた山下良美さんが、ワールドカップおんな審判員のひとりにえらばれたっていう。またひとつたのしみがふえたね。

◇            ◇

カタールワールドカップで史上はつの女性審判員に選出された
山下良美主審が会見「複雑なおもいも正直ある」

東京スポーツ - 2022/5/20(金)13:07)【記事URL】

  • 2022年11月開幕のカタールワールドカップ史上初の女性審判員に選出された山下良美主審(36)が2022年5月20日、オンラインで会見を行なった。
    2022.5.20 山下良美さん(東京スポーツ) 500-500
  • 国際サッカー連盟が2022年5月19日に今大会の担当審判員を発表し、女性審判員では山下良美さんら主審3人、副審3人の計6人が選ばれた。
  • 会見した山下良美主審は「夢のまた夢だった。夢にも思えんほどの夢だった。うれしさもあふれてきたし、幸せや感謝の気持ちが湧き上がってきた」と喜びを語った。
  • 男子の超一流の試合で笛を吹くことは体力面などさまざまな課題もあり「最高峰の試合なので、スピードや展開力に対応せにゃいかん」と山下良美主審。それでも「私たちが普段やっとるトレーニングに変わりはない。心がけることは今までと変わらず、いつもどおりのパフォーマンスができるように。そのためにも日々の努力が必要。ワールドカップまでの期間しっかり準備したい」と自信を見せた。
  • 日本サッカー協会の扇谷健司(おおぎやけんじ)審判委員長は「男子にも引けを取らんスピードがある。なかなかトレーニングで上がっていくものではなく、ある程度持って生まれたものもある。それは魅力的。あとは芯の強さ。そうしたところが山下良美さんの素晴らしいところだと思っとる」と太鼓判を押した。
  • 一方で、多くの優秀な男性審判員を押しのけてワールドカップの舞台に選出されたことに対する率直な思いも吐露。「まずはうれしい気持ちがあるが、日本人として参加するということに関しては責任をすごく感じとる。複雑な思いというのも正直ありますが、私ができることは自分のベストを尽くすこと。尽くさにゃいかんことが私の参加するにあたっての責任だと思っとる」と語った。
  • 山下良美主審の夢舞台でのパフォーマンスに注目が集まる。