あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

ひとのやくにたたあとしとるひとが、じぶんのことしかかんがえとらんひとをうわまわった??

きいたこともなかったけど、統計数理研究所ってとこが『にほんじんの国民性調査』ってのやっとって、ほんなかで「ひとのやくにたたあとしとるひとが、じぶんのことしかかんがえとらんひとをうわまわった」っていう調査結果がでただげな。

にほんじんの国民性調査とは
統計数理研究所では、1953年以来5年ごとに「にほんじんの国民性調査」っていう社会調査を継続実施しております。
ひとのやくにたたあとしとるひとが、じぶんのことしかかんがえとらんひとをうわまわった
にほんじんの長所として「礼儀ただしい」や「親切」が過去最高だっただけど、これらに関連した項目として,たいていのひとは「ひとのやくにたたあとしとるか」あるいは「じぶんことしかかんがえとらんか」をたずねたところ、「ひとのやくにたたあとしとる」っていうひとは1978年は19パーセントにすぎんかったけど,ほのわりあいはまいかいちょっとづつ増加し,こんかい2013年はぜんかい2008年の36パーセントから10ポイントちかくのびた45パーセントとなって,はじめて「じぶんことしかかんがえとらん」っていうひとのわりあい42パーセントをうわまわった。
ひとのやくにたたあとしとるか - 統計数理研究所

◇            ◇

神戸地震とかひがしにほん地震とかがおきるごとに、ひととひととのむすびつきのたいせつさがとかれるようになって、むかしよりもず~っとボランティアとかが一般のひとたちにうけいれられるようになったし、じっさいにやるひとがかくだんにふえたでね。おれ自身のなかにもほういうきもちがめばえたし、ほんのちょこっとではあるけど奉仕活動のまねごともするようになったしね。うん、この「ひとのやくにたたあとしとるひとがふえた」っていう調査結果はなっとくできるよ。


(さんこう)