あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

首位 決戦、フロンターレが 目前の 勝利を うばわれる

首位 アントラーズとの かち点差 7で 2位に つけとる フロンターレが、直接 対決で 3 - 1 と 2点差を つけ あと 15分 ほどで 試合が 終了し かち点差も 4に ちぢまると いう ところで、おおあめに よる グラウンド コンディション 不良を 理由に しあい 中止に された。


首位決戦は川崎フロンターレ2点リードで雨天中止


首位鹿島アントラーと2位川崎フロンターレの直接対決は、川崎フロンターレが3-1でリードしていた後半29分、大雨によるグラウンドコンディション不良のために中止となった。後日、代替開催日を決める。Jリーグのデータセンターによると、J1で中止となった例はデータのある96年以降で3度あるという。


FWチョンテセがピッチに座り込み、DF森は試合続行を猛アピールした。それでも判定は覆らない。降りしきる大雨の中、川崎フロンターレイレブンは無情の裁定を聞いた。鹿島アントラーズを3-1とリードして迎えるはずだった首位討ちは、雨の敵地で幻と消えた。


強い雨になったのは後半から。29分、岡田正義主審不破信マッチコミッショナー、Jリーグと協議の末、「ボールが転がらず、これ以上続けると選手が危険になる」として一時中断を決定。約30分後に中止を決めた。これまで中断となった例はあるものの、サッカーは雨天決行が原則。ピッチ状態が理由の試合中止は異例だった。


怒りが収まらないのは川崎フロンターレだ。前半19分にチョンテセのミドル弾で先制。30分に同点とされたものの、32分に再びチョンテセのゴールで勝ち越した。後半21分にFWジュニーニョがダメ押し弾を突き刺した。そのまま勝っていれば、鹿島アントラーズとの勝ち点差を4に縮められただけに、悔やみきれない決定だった。


09年に改訂されたJリーグ規約では、「不可抗力による開催不能または中止」の場合、原則として0-0からの再試合となるが、リーグ側は「規約は“原則”の話。総合的に考え、理事会に諮る」と、川崎フロンターレが3-1とリードした展開からの途中再開や試合成立の可能性も消さず、結論を15日のJリーグ理事会に委ねることを決めた。


雨中のピッチに座り込んで“無言の抗議”を行った2ゴールのチョンテセは「次にやったとしても代表組がいないかもしれないし、当然納得できない。選手にも意見はあるし、Jリーグは考えてほしい」と訴え、日本代表MF中村も「雨が降ってもやるのがサッカー。納得できない」と声を荒らげた。そして、中止決定から1時間後、雨はやんだ。


首位決戦は川崎2点リードで雨天中止/サッカー/デイリースポーツonline|2009年9月12日


おれは フロンターレ ファンでは ないが、この 決定は おかしすぎる。