あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

オバマと ともだちに なれる! 〜ホワイトハウスも SNSに 参加〜 (あめーば)

日本(にほん)でも、福田総理が 2008 年の 新年の あいさつを ユーチューブで したり、民主党の 小沢一郎氏が アメーバの インターネットばんぐみに なま出演したり、一部の 国会議員が ツイッターを 利用したり しとるが、インターネット 利用 先進国 アメリカでは、2009年 5月 ついたちに ホワイトハウスが みっつの SNSに いっせいに ページを 開設した。



フェースブックに ある ホワイトハウスの ページ
フェースブック 「Facebook.com/WhiteHouse」
設置から 数時間で 6万人の ファンが 登録
マイスペース 「MySpace.com/WhiteHouse」
設置から 数時間で 8,000人のフレンドが登録
ツイッター 「Twitter.com/WhiteHouse」
設置から 数時間で フォロワー数が 14,500人に のぼった


フェースブックマイスペースの ふたつで、アメリカ 国内の 約 1億 2,500万人が 利用しとると いう。これで オバマ 大統領と アメリカ 国民との あいだに ふとい つながりが できた わけだが、ホワイトハウスは つぎの ように のべた。

  • 「旧態 依然の 手法では 今日 直面しとる 挑戦に 対応できん」
  • 「きょう、ホワイトハウスは 政権と 市民との コミュニケーションを 拡大する 手段を 講じた」
  • 「(利用者が) 日常的に オバマ 政権と 直接 つながりが もてる ように なり、アメリカ 政府の 優先 事項や 活動に ついて まなび、最新 情報を える ことが できる」
  • 「コメントを のこしたり、フォーラムで 議論に 参加したり する ことで、ホワイトハウスに 直接、じぶんの 意見や 心配ごとを 表明する 機会を もつ ことが できる」

アメリカで 急に SNSの ユーザーが ふえたって いうけど、ホワイトハウスが 参加した ことも おおきな 原因かも しれんね (^_^)



(しゃしん) フェースブックに ある ホワイトハウスの ページ
(ねたもと)