あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

綾姫さまとたもをもつ少女 - 2020年2月13日

2020年2月13日、あんじょう市民ギャラリーに、加藤博さんの『綾姫さま』や八島正明さんの『たもをもつ少女のおる風景』なんかの作品をみてきた。

加藤博さん『綾姫さま』

2020.2.13 (1-1) 『綾姫さま』 1840-1300

綾姫さま

碧海のむかしばなし【25】

文:田中みのる
え:加藤博
写真:荒川長雄

綾姫さまは、ほれはきのどくなおかただった。うまれこそ、みやこの高貴ないえがらで、なに不自由なくそだてられてきた。15才になられたとき、まつりごとをつかさどるたかいくらいの貴族がいれかわり、いままでの貴族はみやこからおわれることになった。ほうしたなかに、綾姫さまの一族もはいっとった。

綾姫さまをのせたこぶねは、おおきなふねにおきへおきへとひっぱられ、瀬戸内のうみのながれのはやいところまでくると、つながれとったなわをきられてしまった。こぶねはなみにもまれながらひろいおおきなうみにながされ、陸からとおくはなれてしまった。家族とはなればなれになって、ほれはかなしいことだった。ほれでも綾姫さまをそだててくれたうばとおつきのものが3人いっしょにふねにのせられたので、ほれだけがすくいだった。

こぶねはなんにちもただよい、やがておだやかなうみにはいることができた。三河のうみべの萱口(すがぐち)というむらについた。むらびとは、たいそうてあつくもてなした。この土地は、むかしからみやこの皇族との関係があって、いくつもの古墳のならぶところだった。だから綾姫さまは、うばやおつきのものたちと、安心してせわになることができた。このときの綾姫さまは、いつものきぬのきもんではなく、そまつなあさのころもやかぶりものをみにつけとった。

2020.2.13 (2-1) 加藤博さん『綾姫さま』 1150-820

「これはこれは、たいそうなんぎをなされたことでしょう」。

このむらのおさが、むらびとをしたがえてでむかえた。

「わたくしは、この萱口をあずかる小川伝太郎ともうすものです。ご安心ください。このむらで綾姫さまをおまもりいたしますから」。

むらのおさは、さっそくむらびとたちに命じて、かりのすまいをつくらせた。ほいで、ひるもよるもなんにんかのむらびとが交代で、おまもりするひがつづいた。

綾姫さまは、ようやくむらのくらしにもなれて、おせわになったひとびとに、お礼をもうされた。しばらくして、みやこに綾姫さまのことがしらされると、警護のもんや御殿をつくる費用までとどいた。50間四方の土塁をめぐらせた土地のなかに、りっぱな御殿はつくられた。

むらのおさは、このむらのなを「姫郷小川村」とかえることにした。

(あんじょうし姫小川町)

姫小川古墳

このあたりはいくつかの古墳が、南北につらなっとる。姫塚古墳、姫小川古墳、獅子塚古墳とならんどる。姫塚古墳の頂上部には、はかいしの一部らしき五輪塔がのこされ、「白鳳3年」ときざまれとる。姫小川古墳は前方后円墳で、洪積台地のはしにきずかれとる。

皇女綾姫がすむようになって「萱口」とよばれとったが、この土地をひらいた小川伝太郎のなをあわせて「姫郷小川村」と改名したとの伝承がある(三州姫之郷御地名鏡、姫小川村地誌)。

現在は古墳頂上部には、浅間神社がたち前方部頂上部には、薬師堂がまつられとる。

加藤博さん『浄瑠璃姫』

2020.2.13 (4-1) 加藤博さん『浄瑠璃姫』 720-370

加藤博さん『ビーナスの誕生』

2020.2.13 (3-1) 加藤博さん『ビーナスの誕生』 1000-1190

八島正明さん『たもをもつ少女のおる風景』

2020.2.13 (5) 八島正明さん『たもをもつ少女のおる風景』 1570-1080

いちらん

2020.2.13 (1) 『綾姫さま』 2040-1540 2020.2.13 (2) 加藤博さん『綾姫さま』 1520-1210
2020.2.13 (4) 加藤博さん『浄瑠璃姫』 1190-930 2020.2.13 (3) 加藤博さん『ビーナスの誕生』 1110-1270
2020.2.13 (5-1) 八島正明さん『たもをもつ少女のおる風景』 1340-940 2020.2.13 (5-2) 八島正明さん『たもをもつ少女のおる風景』 460-850

◇            ◇

(さんこう)