あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

横断歩道はとまるもんだよ

こんなこと外国人にいわれとるわがにほんってかなしいな。クルマは横断歩道でとまるっていうくせつけにゃあかんだて。

【あさひの記事から】
(私の視点)横断歩道のルール - 止まらぬ車、戸惑う外国人
名城大学准教授マーク・リバック

私が日本に来て、とまどったことのひとつは、日本は「信号機のない横断歩道は車優先」ということだ。私の母国のイギリスでも、先日訪れたオーストラリアでも、横断歩道に歩行者がいれば必ず車は止まる。それがルールだからだ。日本で育った私の子どもたちは停車してくれることにとても驚き、「オーストラリアの人は親切だね」と感激していた。

日本の法律はどうなっているのかを調べてみると、驚いたことに、日本でも信号機のない横断歩道は歩行者優先となっている。
2017.11.17 八日市 (38) 八日市 - 駅舎 1700-1020

道路交通法38条「横断歩道等における歩行者等の優先」では、歩行者や自転車がないことが明らかな場合を除き、横断歩道直前の停止線で停止できる速度で進行しなければならず、横断歩道に歩行者や自転車があるときは、停止線で停止して、その通行を妨げてはいけないと定められている。一方、警察庁が2017年3月に公表した「2016年における交通事故の発生状況」によると、人対車の交通事故のうちおよそ30%が横断歩道を横断中に起きている。

このままの状態だと、海外から多くの人が訪れる東京オリンピックの際、「横断歩道では車は止まってくれる」のを当たり前だと思っている外国人は、すぐに交通事故にあってしまうだろう。実際にわたしの母が初めて来日したとき、横断歩道であやうく命を落としそうになった。

日本の横断歩道で車と歩行者の行動を観察していると、車優先で、歩行者は車の途切れ目をみはからって横断しているようだ。わたしの日本人の妻も運転中に横断歩道で停車しないひとり。その理由を尋ねると、「日本人は人を待たせることを心苦しく感じる。停車してあげると慌てて渡ろうとして、反対車線の車にひかれてしまうリスクが高まるから、下手に止まらないほうがいい」と話す。車も歩行者もお互いに迷惑のかからないあうんの呼吸をもって横断歩道と付き合っているのだろう。

しかし、これは外国人には通じない。外国人は「日本人は親切で礼儀正しい」と信じているので、きっと横断歩道でも「必ず停車して、私たちが渡り終わるまで笑顔で見守ってくれるだろう」くらいの期待をもっている。そのため、オリンピックイヤーの2020年だけでも歩行者優先のルールを徹底するか、「日本では横断歩道で車はとまりません」と空港に降り立った外国人全員によく周知するか、どちらかにしないと、「日本人は思っていたほど親切じゃない」とがっかりさせるだけでなく、実際に事故にあう外国人も出てしまうだろう。オリンピック成功のためにも、ぜひこの問題に真剣に取り組んでほしい。

【こんなこと外国人に…|いわせあきひこ|フェースブック|2017年11月15日0:23】