あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

若一王子社の拝殿の彫刻

宮大工展

あんじょうし歴史博物館で宮大工展ってのをやっとる。きょうたまたまみてきただけど、若一王子社の拝殿の彫刻がよかった。若一王子社ってのは、わが古井のとなりの西尾のおみやさんのことで、正式には「にゃくいちおうじしゃ」っていうらしいだけど、いまはぢもとのひともみんな「わかいちおうじしゃ」っていっとる。

20150215_144403 若一王子社の拝殿の彫刻
△ 宮大工展に展示されとる若一王子社の拝殿の彫刻の写真

若一王子社は熊野社の系統

まず、あんじょう市域のおもな神社は、神明社(しんめいしゃ)、八幡社(はちまんしゃ)、白山社(はくさんしゃ)の三大系統のほか、天神社(てんじんしゃ)、八剣社(はっけんしゃ)、日吉系(ひよしけい)、市杵島社(いちきしましゃ)、熊野社(くまのしゃ)、稲荷社(いなりしゃ)といろんな系統があるだげなけど、若一王子社は熊野社の系統に属する。ちなみに、わが古井神社は八幡社の系統らしい。

早瀬長兵衛の彫刻

ほんで、若一王子社の拝殿が建立(こんりゅう)されたのが1859年のことで、大工棟梁が市川安定、かわら師があんじょうむらの光永、彫刻が尾張藩御用彫刻師の早瀬長兵衛(はやせちょうべえ)だったとのこと。いまこの早瀬長兵衛の彫刻が脚光をあびとるともきいた。

宮大工展の展示をみおわり、さっそく若一王子社にいって、彫刻の実物をみてきた。拝殿の前面とひだり面、みぎ面の3面にそれぞれみっつ、あわせてここのつの彫刻があっただけど、ひだり面のいちばんおくのやつから順番に写真をとった。

〔ひだり面のみっつ〕
20150215_160208 若一王子社の拝殿の彫刻 (1)
20150215_160218 若一王子社の拝殿の彫刻 (2)
20150215_160228 若一王子社の拝殿の彫刻 (3)

〔前面のみっつ〕
20150215_160242 若一王子社の拝殿の彫刻 (4)
20150215_160251 若一王子社の拝殿の彫刻 (5)
20150215_160258 若一王子社の拝殿の彫刻 (6)

〔みぎ面のみっつ〕(※ ひとつめだけ3枚写真がとってある)

20150215_160314 若一王子社の拝殿の彫刻 (7)
20150215_160352 若一王子社の拝殿の彫刻 (7)-1
20150215_160403 若一王子社の拝殿の彫刻 (7)-2
20150215_160322 若一王子社の拝殿の彫刻 (8)
20150215_160330 若一王子社の拝殿の彫刻 (9)

おとひめさまに仙人にあまさん、たのしそうだね(^_^)


(さんこう)