あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

英語むら??

けさのちゅうにち1面にのっとった。にほんに英語むらができるって。吹田(すいた)の1970年大阪万博会場だったとこにできるってことで、このむらの公用語は英語だげな。

駅のいきさき案内表示がにほんごと英語が半々になり、電車んなかで英語の案内放送がながれるようになり、英語を公用語とするにほん企業があらわれ、学校での英語教育を小学校からはじめるようになった。つぎは英語を公用語とする英語むらをつくちゃうってわけだ。まあはい国内に30か所もこんな英語むらができとるっていう、からのくにのひとにたのんでつくるらしい。

だれにたのまれたわけでもなく、なんの必要もなく、じぶんたちのことばをすてていくにほんじんがかなしい。外国人にみちをたずねられて、英語がしゃべれんっておろおろすることなんかないだ。むこうがにほんごできいてくるべきなだ。あるいはみぶりてぶりできいてくやいい。なんでもこちらがわるいってかんがえるようになったのは、戦后にほんの自虐教育のたまものか。アメリカに「にほんごむら」つくらあっていう気概はないのか。


(さんこう)