あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

訪問ギター演奏をつづけて300回 - 刈谷のギター愛好会

趣味をいかして社会貢献しとるひとたちがおる。つぎのとおりちゅうにちにのっとった。すばらしいね。

訪問ギター演奏19年で300回 - ギター愛好会GKB(ちゅうにち)
  • ボランティアで介護施設などへ訪問演奏をつづける「ギター愛好会GKB」の公演がこんげつ2017年3月、300回をむかえた。19年前に結成し、現在は大府市刈谷市などの高令世代を中心に8人が演奏する。「みなさんのえがおがうれしくて活動してきた。よろこんでもらえるかぎりつづけたい」ってはなしとる。
  • 300回めは2017年3月11日、東浦町(ひがしうらちょう)生路(いくじ)の「JAあいち知多デイサービスセンターあい愛いくじ」でひらいた。昭和の歌謡曲や演歌、童謡をマンドリン、ハーモニカをまじえて披露。利用者のおとしより20人が演奏にあわせてうたってたのしんだ。施設職員からてづくりの看板などでふしめをいわってもらい、愛好会の小沢一夫代表(70才)=刈谷市(かりやし)若松町(わかまつちょう)=は「はげみになる」ってえがおをみせた。
  • 刈谷市のギター講座受講生が1998年に結成。GKBは「ギター・カリヤ・ブラザーズ」の略で、現在は50代から70代の男女が週1回あつまって練習し、つきに4回ほど高令者施設などへ訪問しとる。
    2017.3.11 訪問ギター演奏19年で300回 - ギター愛好会GKB(ちゅうにち) 600-680
    △ 2017.3.11 訪問ギター演奏19年で300回 - ギター愛好会GKB(ちゅうにち)
  • 構成員のおおくはしごとやこそだてなどが一段落し、わかころにしたしんだギターをふたたびてにした。「練習の成果をきいてもらいたい」ってはじめた訪問演奏。歌詞カードもてづくりし、おとしよりにたのしんでもらえるようこころがける。
  • 構成員の種村雄二さん(73才)=刈谷市東陽町(とうようちょう)=は「なみだをながしたりめをうるませたりしてきいてくれる」っててごたえをはなす。桝田伸彦さん(70才)=東浦町緒川(おがわ)=は「いっしょにうたってくれるとうれしいですね」ってはなす。河合暢三さん(70才)=大府市(おおぶし)長草町(ながくさまち)=はての障害で一時活動を休止した。「やめたときはさびしかった。いまはなんとかがんばってます。みなさんのえがおがちからになる」ってほほえむ。2017年3月13日に大府市のデイサービスセンターで301回めの訪問演奏をおこなった。
  • 2017年4月15日午后2時からは、大府市のあいち健康の森公園交流センターで一般むけのロビーコンサートもひらく。無料。【といあわせ=小沢一夫代表=090-9925-6460】
    (石井宏昌さん)