読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

官能小説朗読会

飛騨市図書館ではつってか、公立の図書館ではつだらあ。官能小説朗読会って。しかもよみては司書のおんなのひとたち。おおぜいのひとのきくなかで、たとえば「くるしくなるぐらいキスをすると、かれのてはわたしのむねをまさぐる」とか、性的な興奮をたかめるような文章をよみあげただ。いや~、よくぞやったもんだわ。

よんでハラハラきいて高揚 - 飛騨市図書館ではつの官能小説朗読会
  • 飛騨市図書館は2016年8月27日よる、おとなのための官能小説朗読会を館内ではじめてひらいた。司書の女性3人が妖艶なこわねで、性的な欲望をそそるような*1官能小説を1編づつよみあげた。委員会も応援。ゆかたすがたの3人が30分づつ朗読した。
  • 作品は飛騨市図書館の蔵書からえらび、堀夏美さん(26)は姫野カオルコさんの「正調・H物語」、村田萌さん(29)は川上弘美さんの「可哀相」をとりあげた。最後は西倉幸子館長(34)が谷崎潤一郎の「刺青」でしめくくった。館内にはあえぎごえやためいき、あやしげなことばがひびきわたり、飛騨市内外の70人が真剣にききいった。
    飛騨市の官能小説朗読会(ちゅうにち)
    (※ 写真は堀夏美さん)
  • 堀夏美さんは「緊張したけど無心になってよみました。官能的な文章をよみハラハラ感がたのしかった」ってあかした。飛騨市神岡町の会社員、野島涼平さん(25)は「図書館でふだんとはちがった高揚感をあじわえたので新鮮だった。またきたい」ってはなしとった。
    (ちゅうにち - 浜崎陽介さん - 2016年8月29日)

*1:原文では「エロチックな」ってなっとったものをブログ筆者が「性的な欲望をそそるような」にかえた。