あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

ちんぼっていっちゃあいかんのか

ふつうにつかっとることばなのに、テレビや新聞でつかわれとらんって状態がきもちわるい。ちんぼのことだ。あるひとのブログ記事でもこのことをいっとって、わが意をえた。以下に紹介しとく。

◇            ◇

なぜ「ちんぼ」は、放送禁止なのか?

(ある作詞家の第3のブログ - 2014-07-05)

  • これは、ブログであって、放送ではないので、あえて書きますね。昔からずーっと疑問だったんです。「ちんぼ」のことがね。放送禁止用語の代表格。
  • でもさ、「ちんこ」「ちんぽ」「ちんちん」は、放送してたりするからね。「ぼ」になった途端に、絶対にダメになるみたいでさ。なぜだか分からないんですけど。Wikipediaで調べてみたら、「おちんちん」で出てきましたね。その、Wikipediaの中にすらも、「ちんぼ」だけは書いてないんですよね。
  • 放送どころか、ネット上でも規制がかかっているのか? そんなにヤバイのかな? 「ちんぼこ」とは書いてある。「小さな鉾 → ちんぼこ → ちんぼ」となるみたいです。そうやって語源をさかのぼってみると、さらに、「ちんぼ」がいけない理由が、私には分かんないです。その他の放送禁止用語も調べたんですけど、放送禁止用語集。この用語集にすら、「ちんぼ」だけは載ってないんだよね。
  • 私がこういう記事を書くのは、そんなにヤバイことなのか? 私が危惧しているのは、将来的に、「ちんぼ」という言葉が日本から絶滅するのではないか?ってこと。不適切だろうがなんだろうが、そういう日本語が存在しているということを認識した上で、放送禁止用語を連発するような人間は、ガラ悪いから近づきたくないとか、言葉遣いというのは、そういう判断材料にもなるでしょうからね。ダメならダメな理由を、知りたいんですよねぇ。
  • 同様のことは「ゲボ」にも言えます。(「ゲロ」は良いのにね)。で、さっきの放送禁止用語集を見てたら、「芸人」「板前」「床屋」なども載っててさ。それがダメなのかよ?って思ってね。それなら、「お笑い芸人のラッシャー板前」は、「お笑い芸能人のラッシャー調理師」になるのか?
  • 玉袋筋太郎」がイカンというのは、私も思いますけどね(ビートたけしが付けたんだろうけど、どう考えてもやり過ぎだと思う)。なんだか分かんないし、誰が決めてるのかも分かんないです。
    【URL】