あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

古井神社からのおしらせ第6号

2019年4月吉日発行の古井神社からのおしらせ第6号。これからいよいよ大改修工事にかかるっていうときのもんだ。

2019年4月吉日 - 古井神社からのおしらせ第6号 (1) 1250-1750
古井神社からのおしらせ第6号(2019年4月吉日)
いよいよ古井神社本社殿の改修工事がはじまります。2019年4月ここのか、起工奉告祭(地鎮祭)実施。2019年3月30日、公開で入札会。施工業者が魚津社寺工務店に決定。設計、施工管理はMC三河設計。
つぎのように改修工事をすすめる。古井神社ならではの建築様式を堅持し、かざりがわらや彫刻など文化財的な価値をだいじにした改修とする。耐震補強をほどこして100年后につなぐ改修事業とする。
こんごの予定はつぎのとおり。2019年6月、かわら寄進。2019年7月と10月にげんば見学会。2020年3月28日、遷座祭。2020年4月いつか、お稚児行列。

2019年4月吉日 - 古井神社からのおしらせ第6号 (2) 1270-1790
古井神社のやねとおにがわら
2018年9月以来、本社殿は工事やねにおおわれております。かくにん調査のために、拝殿とおおい殿のかわらとふきつちが撤去されました。改修委員会では2度にわたって、まうえあるいはまよこからやねの状態を見学しました。
また、あんじょうし文化財保護委員会委員長天野暢保氏と副委員長岩田敏也先生(愛知工業大学)に再度調査していただきました。木部のていねいなつくりや三河地震にもたえた強靭な構造に感心されておりました。