あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

きりぬき - 全国知事会いらん

愛知県の大村秀章知事がおこったらしい。
ちゅうにちのきじにこんなふうにのっとった。

全国知事会、いらん - ちゅうにち 2015.10.6
△ 全国知事会いらん - ちゅうにち 2015.10.6

大村秀章知事は2015年10月いつかの定例記者会見で、地方法人課税のありかたをめぐる全国知事会の議論が、地方分権より税収格差の是正策にかたよっとるって指摘し、「地方財源のぶんどりあいがまかりとおっとる。全国知事会なんていらんじゃないか」ってのべた。また、環太平洋連携協定、TPPのおおすじ合意には歓迎の意をしめした。

法人事業税や法人住民税の一部を国税化して再配分する現行制度について、大村秀章知事は地方分権に逆行しとる」ってあらためて批判。この制度で2014年度には本来の愛知県の収入が1,100億円へり、借金にあたる臨時財政対策債であなうめしたって説明した。

2015年7月に岡山市であった全国知事会議でもこうした問題提起をしたけど、知事会がまとめたくにへの提言は『税源の偏在是正策は必要不可欠』だった。

大村秀章知事は「知事会は本来は地方全体の地方分権を実のあるものにしていくためにくにに要求し、よのなかにうったえていくはずなのに、ざんねん」って批判。「各地域が自立、切磋琢磨するのがくにの活性化になる。世界中がほういう競争にはいっとる。くににぶらさがったほうがいいっていう空気がまかりとおっとるようじゃ、くにがつぶれちゃう」ってのべた。

いっぽう、TPPについては「愛知は付加価値のたかいものづくりで勝負しとる。貿易や流通の障壁がひくくなるのは歓迎すべきだ」って評価。ただ、農業や畜産の分野では関税ひきさげのえいきょうがおおきいことにけねんをしめし、「くにがどう対策するか注視し、注文していきたい」ってつけくわえた。

◇            ◇

うん、法人税の一部国税化って、ついさいきんにできた制度だったよな。