あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

わたしが この お席で おどって いいのーー

「わたし」は 島根県 安来市 (やすぎし)の 温泉 旅館 『竹葉 (ちくよう)』の おかみ 小幡美香さん。「この お席」ってのは、名古屋で ひらかれた 『東海 島根 県人会』 総会の あとの 懇親会の ことで、らいひんに 島根県 副知事 の 小林淳一氏や 出雲大社の 千家国麿氏、愛知県 副知事の 吉本明子氏も おって、参加者 200人 以上だって いう。「おどる おどり」は もちろん 安来節 (やすぎぶし) どじょう すくい おどり。

温泉 旅館 『竹葉』 おかみ 小幡美香さん 温泉 旅館 『竹葉』 おかみ 小幡美香さん

この 「わたしが この お席で おどって いいのーー」って いう ことばから、こんな おおきな 舞台で おどれるって いう うれしさや、さあ、いまから おどるよ~って いう たかぶりが しっかり つたわって きたよ(^_^)

でも、せっかく こんな 美人なのに、おどる ときに ひょっとこ がおに メークしちゃって、きれいな かおが わからんく なっちゃうのは ちょっと もったいない(^_^;)

(注) 画像は ご本人の ブログから 筆者が かってに 拝借した もの


(さんこう)