あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

正義の ために がんばれ、オバマ! (あめーば)

三宅一生さんの よびかけにも かかわらず、オバマ 大統領は 広島に こんかった。だが、オバマ 大統領は いままでの アメリカ 大統領とは だいぶ かんがえかたが ちがう。




(いんよう)


ことし 4月の プラハ 演説で、「核 兵器を 使用した ゆいつの 核 保有国と して、行動する 道徳的 責任が ある」と 言明したが、アメリカ 大統領が 原爆 投下の 責任に 言及するのは きわめて 異例で ある。


アメリカ キニピアック 大学が 8月 よっかに 発表した 世論 調査に よると、広島と 長崎への 原爆 投下に ついて、アメリカ人の 61%が 「投下は ただしかった」と 回答、投下を 支持せん ひとは 22%に とどまった。こう した 世論を 意識し、歴代 アメリカ 大統領は 原爆 投下を 正当化して きた。


ただし、一方で、アメリカ 超党派の 「議会 戦略 態勢 委員会」は ことし 5月、核 抑止力の 維持と 拡散 防止を はしらと した 核 戦略に 関する 報告書を 発表。核 廃絶に ついては、「世界の 政治 秩序の 抜本的 転換が 必要」と し、現段階では 核 抑止力が 必要だと 結論づけた。


大統領が プラハ 演説で 言及した 包括的 核 実験 禁止 条約(CTBT) 批准に 関しても、実現の めどは たっとらん。


時事ドットコム:道のり遠い「核なき世界」=強まる抑止力重視の流れ−広島原爆忌|2009/08/05-16:12




アメリカの 世論は きびしいだろうが、正義の ために がんばれ、オバマ!




(さんこう)