読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

馬毛島をアメリカの軍用地につかわせるべきか - なやむ西之表市

鹿児島県西之表市(にしのおもてし)っていう市がある。本体は種子島(たねがしま)北部になるだけど、はなれじまに無人島の馬毛島(まげしま)っていうしまがあって、ここをアメリカの軍用地につかわせるかどうかってことで、いまじもとがもめとる。

西之表市 - Wikipedia
西之表市(にしのおもてし)は、鹿児島県の南部、大隅諸島種子島北部にある市。
かつて、日本最南端の士族である種子島家の城下町として栄えた。現在は熊毛支庁や国の出先機関が置かれ、種子島および熊毛地区の政治・経済の中心を担っている。
面積=205.66km2
総人口=15,648人(推計人口、2016年10月1日)
西之表島と馬毛島の位置図(あきひこ)
△ 西之表島と馬毛島の位置図(あきひこ)
馬毛島 - Wikipedia
馬毛島(まげしま)は、大隅諸島の島の一つ。
種子島の西方12kmの東シナ海上に位置している島で、面積は8.20km2、周囲16.5km。最高地点は島中央部の岳之越の71.7m、地勢は低くて平らである。島には河川がなく地質は農業に適さない。島内には、ニホンジカの1亜種であるマゲシカが棲息している。島の周辺は好漁場となっている。
馬毛島(まいにち)
△ 馬毛島(まいにち)
市長選で馬毛島の軍用地化うけいれ派もはんたい派も法定得票数にとどかず - 2017年1月
西之表市長選:再選挙に - 候補6人、法定得票にとどかず - 毎日新聞(田中韻さん、山下俊輔さん)|2017年1月29日23時23分
アメリカ軍空母艦載機の陸上離着陸訓練(FCLP)移転候補地、馬毛島(まげしま)を抱える鹿児島県西之表市(にしのおもてし)の市長選は2017年1月29日投開票されたが候補6人による混戦の末、いずれも法定得票(有効投票数の4分の1以上、2,543票)に届かず仕切り直しとなった。
公職選挙法は、最多得票の候補が法定得票数以上を獲得できなかった場合、当選資格を与えず、2週間の異議申し立て期間の後、50日以内に再選挙を実施すると定めている。法定得票数は再選挙の続出を受け1952年の法改正で緩和された。
法改正后に首長選で再選挙となったのは、1979年の千葉県富津市長選▽1992年の奈良県広陵町長選▽2003年の札幌市長選▽2007年の宮城県加美町長選で、今回実施されれば5例目となる。
西之表市長選は空母艦載機の陸上離着陸訓練移転受け入れに反対してきた現職が引退を表明し、元市議と元新聞記者の計6人が出馬2人が移転容認で、4人が反対と分かれた。移転容認派はアメリカ軍再編交付金などによる地域経済活性化を訴え、反対派は騒音問題や事故の危険性を訴えた。
空母艦載機の陸上離着陸訓練は陸地を甲板に見立て離着陸を繰り返す訓練。アメリカ軍再編による厚木基地空母艦載機部隊の岩国基地移転に合わせ、空母艦載機の陸上離着陸訓練も硫黄島からの移転が計画された。政府は馬毛島を候補地とし、島のほぼ全域を所有する開発会社と交渉し昨年2016年11月、用地買収額を確定する手続きに入った。部隊の岩国移転は今年2017年11月以降進められる見通し。
市長選再選挙でははんたい派のひとが当選 - 2017年3月
西之表市長選:再選挙で八板氏が当選…アメリカ軍訓練移転反対派 - 毎日新聞(田中韻さん)|2017年3月20日00時51分
全6候補が法定得票に届かず再選挙となった鹿児島県西之表市(にしのおもてし)(種子島)の市長選が2017年3月19日投開票され、市内の無人島・馬毛島(まげしま)へのアメリカ空母艦載機の陸上離着陸訓練(FCLP)移転に反対する元新聞記者の八板俊輔(やいたしゅんすけ)氏(63)が、容認派1人を含む3人を破り初当選した。
政府が進める馬毛島の用地取得手続きに対し市は関与する権限がないが島の港湾設備を管理するなどしており、八板氏の対応は移転計画に影響を与える可能性がある。八板氏は「国と馬毛島の地権者の用地取得交渉の推移を見守りながら、地元のためになる馬毛島の活用策を国に提案していきたい」と述べた。
2017年1月の市長選は、反対派4人、容認派2人の無所属新人6人が立候補したが、法定得票(有効投票数の4分の1)に達しなかった。再選挙には前回得票上位の4人が再出馬し、八板氏は騒音問題や事故の危険性に不安を抱く市民から支持を得た。容認派はアメリカ軍再編交付金などによる地域経済活性化を訴えたが及ばなかった。
FCLP移転計画は2007年、アメリカ軍再編に伴う厚木基地(神奈川県)から岩国基地山口県)への艦載機部隊移転計画に合わせて浮上。前市長は一貫して反対してきたが政府は訓練可能な自衛隊施設を馬毛島に整備するため用地買収手続きを進めている。

◇            ◇

う~ん、やりなおしとなった市長選でははんたい派のひとが当選したか。中国にたいするまもりとして、東シナ海に面したこのしまが軍用地になることについて、おれはわるくないじゃないかなっておもうだけどね。これからどうやって決着するのか。