読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

よーい、どん!はやめて外国語に - にほん水泳連盟

ことば

じぶんでじぶんのことばでいいあらわすことをやめちゃうのかい。どんどんにほんごでいいあらわすことのできる範囲がせばまっていくね。

陸上とか水泳の競技でしゅっぱつのあいずっていやあ「よーい、どん!」ってきまっとっただけど、にほん水泳連盟がきのう2017年3月なのかの理事会で、これをやめて外国語のいいかたにかえちゃうことにきめただげな。

「よーい、どん!」はやめ - まいにち 2017.3.8
にほん水泳連盟は2017年3月なのか、東京都内で常務理事会をひらき、競泳の国内大会でのスタートあいずを、従来の「用意」から英語のいいかたに変更することをきめた。2017年4月のにほん選手権(名古屋市)から採用する。
国際大会に出場する選手からは「『よーい』ではまがとりにくい」などと要望がでとったっていい、以前から変更のはなしあいをおこなっとったっていう。にほん水泳連盟は「世界標準にあわせる。2020年東京オリンピックにむけて、ちょうどいいじゃないか」ってしとる。
にほん水泳連盟の主催大会でなく、地方の大会でもひろめていくっていい、こんご研修もおこなっていくっていう。にほん水泳連盟がわは「発音がどうなるのか、、、」って、にがわらいをうかべとった。
【岩壁峻さん】
(「よーい、どん!」はやめ - まいにち 2017.3.8)

◇            ◇

指導的なたちばにあるひとたちの、なんと自尊心のないことか。おれはあらゆることがらをじぶんのことばであるにほんご、三河語でいいあらわしたいっておもっとるよ。