読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

馬毛島をアメリカの軍用地につかわせるべきか - なやむ西之表市

鹿児島県西之表市(にしのおもてし)っていう市がある。本体は種子島(たねがしま)北部になるだけど、はなれじまに無人島の馬毛島(まげしま)っていうしまがあって、ここをアメリカの軍用地につかわせるかどうかってことで、いまじもとがもめとる。

西之表市 - Wikipedia
西之表市(にしのおもてし)は、鹿児島県の南部、大隅諸島種子島北部にある市。
かつて、日本最南端の士族である種子島家の城下町として栄えた。現在は熊毛支庁や国の出先機関が置かれ、種子島および熊毛地区の政治・経済の中心を担っている。
面積=205.66km2
総人口=15,648人(推計人口、2016年10月1日)
西之表島と馬毛島の位置図(あきひこ)
△ 西之表島と馬毛島の位置図(あきひこ)
馬毛島 - Wikipedia
馬毛島(まげしま)は、大隅諸島の島の一つ。
種子島の西方12kmの東シナ海上に位置している島で、面積は8.20km2、周囲16.5km。最高地点は島中央部の岳之越の71.7m、地勢は低くて平らである。島には河川がなく地質は農業に適さない。島内には、ニホンジカの1亜種であるマゲシカが棲息している。島の周辺は好漁場となっている。
馬毛島(まいにち)
△ 馬毛島(まいにち)
市長選で馬毛島の軍用地化うけいれ派もはんたい派も法定得票数にとどかず - 2017年1月
西之表市長選:再選挙に - 候補6人、法定得票にとどかず - 毎日新聞(田中韻さん、山下俊輔さん)|2017年1月29日23時23分
アメリカ軍空母艦載機の陸上離着陸訓練(FCLP)移転候補地、馬毛島(まげしま)を抱える鹿児島県西之表市(にしのおもてし)の市長選は2017年1月29日投開票されたが候補6人による混戦の末、いずれも法定得票(有効投票数の4分の1以上、2,543票)に届かず仕切り直しとなった。
公職選挙法は、最多得票の候補が法定得票数以上を獲得できなかった場合、当選資格を与えず、2週間の異議申し立て期間の後、50日以内に再選挙を実施すると定めている。法定得票数は再選挙の続出を受け1952年の法改正で緩和された。
法改正后に首長選で再選挙となったのは、1979年の千葉県富津市長選▽1992年の奈良県広陵町長選▽2003年の札幌市長選▽2007年の宮城県加美町長選で、今回実施されれば5例目となる。
西之表市長選は空母艦載機の陸上離着陸訓練移転受け入れに反対してきた現職が引退を表明し、元市議と元新聞記者の計6人が出馬2人が移転容認で、4人が反対と分かれた。移転容認派はアメリカ軍再編交付金などによる地域経済活性化を訴え、反対派は騒音問題や事故の危険性を訴えた。
空母艦載機の陸上離着陸訓練は陸地を甲板に見立て離着陸を繰り返す訓練。アメリカ軍再編による厚木基地空母艦載機部隊の岩国基地移転に合わせ、空母艦載機の陸上離着陸訓練も硫黄島からの移転が計画された。政府は馬毛島を候補地とし、島のほぼ全域を所有する開発会社と交渉し昨年2016年11月、用地買収額を確定する手続きに入った。部隊の岩国移転は今年2017年11月以降進められる見通し。
市長選再選挙でははんたい派のひとが当選 - 2017年3月
西之表市長選:再選挙で八板氏が当選…アメリカ軍訓練移転反対派 - 毎日新聞(田中韻さん)|2017年3月20日00時51分
全6候補が法定得票に届かず再選挙となった鹿児島県西之表市(にしのおもてし)(種子島)の市長選が2017年3月19日投開票され、市内の無人島・馬毛島(まげしま)へのアメリカ空母艦載機の陸上離着陸訓練(FCLP)移転に反対する元新聞記者の八板俊輔(やいたしゅんすけ)氏(63)が、容認派1人を含む3人を破り初当選した。
政府が進める馬毛島の用地取得手続きに対し市は関与する権限がないが島の港湾設備を管理するなどしており、八板氏の対応は移転計画に影響を与える可能性がある。八板氏は「国と馬毛島の地権者の用地取得交渉の推移を見守りながら、地元のためになる馬毛島の活用策を国に提案していきたい」と述べた。
2017年1月の市長選は、反対派4人、容認派2人の無所属新人6人が立候補したが、法定得票(有効投票数の4分の1)に達しなかった。再選挙には前回得票上位の4人が再出馬し、八板氏は騒音問題や事故の危険性に不安を抱く市民から支持を得た。容認派はアメリカ軍再編交付金などによる地域経済活性化を訴えたが及ばなかった。
FCLP移転計画は2007年、アメリカ軍再編に伴う厚木基地(神奈川県)から岩国基地山口県)への艦載機部隊移転計画に合わせて浮上。前市長は一貫して反対してきたが政府は訓練可能な自衛隊施設を馬毛島に整備するため用地買収手続きを進めている。

◇            ◇

う~ん、やりなおしとなった市長選でははんたい派のひとが当選したか。中国にたいするまもりとして、東シナ海に面したこのしまが軍用地になることについて、おれはわるくないじゃないかなっておもうだけどね。これからどうやって決着するのか。

藤木由貴さんの「こいダンス♪」

まえにこのブログでも紹介したレースクイーンの藤木由貴さん。ユーチューブに投稿した「こいダンス♪」が好評らしい。


藤木由貴さん 1030-1750
〔かくだい〕

◇            ◇

(さんこう)

国会議員以前にひととしておかしい??

むかしこんなコマーシャルがあったよね。としのいったおっさんがこゆびをたてて「わたしはこれで会社をやめました」ってやつ。こんかいの自民党中川俊直衆院議員も「わたしはこれで経済産業政務官をやめました」ってかんじだね。これってのはおんな。まあ、おとこはおんながすきなもんだけど、ほどがあるってことをかんがえにゃね。民進党蓮舫代表も「国会議員以前にひととしておかしい」っておこっとるよ。

民進・蓮舫代表、不倫の中川俊直氏をばっさり - 「議員以前にひととしておかしい」と議員辞職要求 - 産経ニュース|2017.4.20 18:12
民進党蓮舫代表は2017年4月はつかの記者会見で、週刊誌で女性問題を報じられ経済産業政務官を辞任した自民党中川俊直衆院議員について「国会議員以前にひととしておかしい。政務官を辞任しただけでおわらせるはなしではない」ってのべ、議員辞職すべきだとのかんがえをしめした。
2017.4.21 NHK - 民進党蓮舫代表 (1) 850-500 2017.4.21 NHK - 民進党蓮舫代表 (2) 1670-960
〔※ 画像はNHKニュースのもの(ひだり)(みぎ)
「おおくの女性や、女性ならずともこころをもっとるひとならば、このひとが議員として国民を代弁できるたちばにあるとはとてもおもえんっていうかんがえをいだくだらあ」とものべた。
中川俊直氏(さんけい) 458-600
〔中川俊直氏(さんけい)〕

(さんこう)

  • 中川政務官辞任で参院経済産業委の審議とりやめ|NHKニュース|2017年4月20日18時43分
    • 自民党民進党参議院国会対策委員長が会談し、民進党経済産業省の前政務官が辞任した理由などを経済産業委員会で説明するよう求めたのに対し、自民党は持ち帰って対応を協議したいと伝え、2017年4月20日に予定されていた委員会での審議は取りやめとなりました。
    • 経済産業省中川俊直政務官は2017年4月18日、「一身上の都合」を理由に辞表を提出し、自身のフェイスブックに辞任の理由について「知り合いの女性に好意を抱き、深く傷つけ申し訳ない気持ちでいっぱいだ。すべて私の不徳の致すところだ」などと投稿しました。
    • これを受けて自民党の松山参議院国会対策委員長民進党の榛葉参議院国会対策委員長が2017年4月20日に国会内で会談し、榛葉氏は「政務官に就任した時は委員会であいさつしたのに急に辞任して何の説明もないのは問題だ」と述べました。そのうえで榛葉氏は、中川氏本人が参議院経済産業委員会に出席して辞任の理由などを説明するよう求めました。
    • これに対し松山氏は「いったん持ち帰って対応を協議したい」と伝え、2017年4月20日に予定されていた経済産業委員会での審議は取りやめとなりました。
    • 公明漆原氏「謙虚に政権運営を」
      公明党の漆原中央幹事会会長は記者会見で、閣僚による発言の撤回や政務官の辞任などを踏まえ「政府も与党も、政権を奪還した時の気持ちを思い起こすべきだ」と述べ、謙虚に政権運営にあたる姿勢が必要だという考えを示しました。
    • この中で、公明党の漆原中央幹事会会長は経済産業省中川俊直政務官の辞任を受け、参議院経済産業委員会で2017年4月20日予定されていた審議が取りやめになったことについて「誠に残念な話だ。政務官たるもの自分の身辺はきちんとしておくべきだ」と述べました。
    • そのうえで漆原氏は、閣僚が発言を撤回し陳謝したことなども踏まえ「政府も与党も政権を奪還した時の気持ちをもう一度思い起こすべきで、原点に立ち返って謙虚に政権運営していく気持ちが大事だ」と述べました。
    • 一方で、漆原氏は中川氏が議員辞職すべきかどうかについて「まず、中川氏本人がきちんと説明することがいちばんだ。妻に対してどう思っているかなど説明する必要があると思う」と述べました。
    • 民進蓮舫代表「辞任で済まず、みずから判断を」
      民進党蓮舫代表は記者会見で、「国会議員という以前に、人としておかしいと率直に言わざるを得ず、政務官を辞任しただけで終わらせる話ではない。自民党には、不倫をして議員辞職した前例もあるので、そういう前例をよく考え、みずから判断すべき事態だ。また、この問題で、参議院で予定されていた経済産業委員会の審議が行われないなど、国会にも重大な影響が出ていることを、政府・与党は重く重く受け止めるべきだ」と述べました。
    • 民進党の榛葉参議院国会対策委員長は記者団に対し「あまりにも緊張感がないし、中川氏本人は何らけじめをつけていない。野党が議員辞職を要求するというよりは、自民党と本人がけじめをつけるべきで、その処分を待ちたい。中川氏は政務官に就いた時には、経済産業委員会であいさつしたのだから、辞める時もしっかりとご自身が説明して去っていくべきだ」と述べました。

名古屋ことばの普及

こんどの名古屋市長選の有力候補、河村たかしさんが名古屋ことばの普及を公約のひとつとしてかかげた。うん、じつにめあたらしい視点だ。これまでだれもかかげたことのない公約だけど、これこそが実現すべきことだ。

てはじめは、名古屋ことばをおしえる授業の実施や、名古屋ことばによるテレビ、ラジオばんぐみの制作。ゆくゆくは、授業にもちいることばをすべて名古屋ことばとし、テレビ、ラジオの放送も名古屋ことばでおこなうこととし、市役所の電話対応、まどぐち対応を名古屋ことばでおこなうこととし、公文書を名古屋ことばで作成し、市議会や裁判所における正式言語も名古屋ことばとする。

まことにすばらしい公約ではあるけど、ざんねんながら河村たかしさんにこれを実現するちからはない。市役所職員の協力をえるべく説得することができず、市議会議員の協力をとりつけるべくねまわしすることができん。ひとりよがりに理想をかかげるのみなだ。

ほの公約実現できる? - ちゅうにち 2017.4.20
(ほの公約実現できる? - ちゅうにち 2017.4.20)

六ツ美食堂でひるをとる - 2017.4.19

きのう2017年4月19日は六ツ美食堂でひるをとっただけど、フェースブック投稿もなかなかはんきょうがあった。つぎは、ごはんこもりだ(^^)


2017.4.19 六ツ美食堂 - ひがわり定食(カレイのにざかなにやきそば)

1.99倍で是正??

しごとがえりのクルマんなかのラジオできいた。衆院の1票の格差是正案で最少の鳥取のある選挙区と最多の東京のある選挙区とで、まんだ1.99倍もの格差があるっていうぞ。現行が2.1倍。ぜんぜん是正になってないじゃんか! 報道もこのことにおこっとるようすがまったくないのがふしぎだ。わが愛知県の各選挙区も1.8倍ぐらいらしい。法のもとの平等ってどこいっただ。みんな、おこれよ!

稲田朋美氏 - 主権国家とは

むかしブックマークしてほんなりになっとった動画をきょうみた。2010年の民主党政権時代にいまは防衛大臣をつとめる稲田朋美氏が自民党代表質問として、ときの総理大臣菅直人氏に主権国家とはなにかをといかけるものだ。

2010.10.6 自民党無所属の会代表質問

稲田朋美議員、最高! 民主党の議員にはない知性・美、感激!
なんと魅力的な女性か。一流の政治家だ。民主党毒まんじゅうマニフェストっていうとてもおいしそうなまんじゅうを国民にちらつかせ国民をひきつけたけど、なかみはからっぽ。はいっとったのは極上のあんではなく、にほん国家を破壊し、国民を最大不幸にする毒薬だった~。

稲田朋美代表質問 - 自民党無所属の会 2010.10.6

民主党がだめだで自民党を支持(自民党への支持回復)するっていえん。
自民党のなかの稲田朋美議員のような、真にただしい、国家主権、国民主権、国家観、歴史観にもとづく同胞の集結による政党への、ただしい保守回帰が切望される。
南京大虐殺についての裁判においては、弁論主義の裁判制度のなかで、事実の存否の反対尋問すらせんかった。ほれがため、史実として裁判記録にのこった、ほれゆえ世界のにほん非難の根拠になっとるっていうことは、なんとも悲劇である。
真に政治信念をおなじくする同胞による、政党のわくをこえた集結により自民の再生をはたすことが、にほんのあすにつながるものと痛切にかんが­える国民のこえを代弁するすばらしい演説だ~。

稲田朋美代表質問 - 自民党無所属の会 201010.6

稲田朋美議員、最高! 民主党の議員にはない知性・美、感激!
なんと魅力的な女性か。一流の政治家だ。
民主党毒まんじゅうマニフェストっていうとてもおいしそうなま­んじゅうを国民にちらつかせ国民をひきつけたけど、なかみはからっぽ。はいっとったのは極上のあんではなく、にほん国家を破壊し、国民を最­大不幸にする毒薬であった~。

動画についとる談話はどうかっておもうけど、代表質問の内容はかなり核心をついたもんだっておもうよ。

2010.10.6 稲田朋美氏代表質問(自民党無所属の会)
△ 2010.10.6 稲田朋美氏代表質問(自民党無所属の会)