あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

はじめての権兵衛 - 2020年7月ようか

2020.7.8 (1) 権兵衛 - あげもんつきうどん定食 1200-900

ともだちの投稿みせて、「これたべにきた!」
「あげもんつきうどん定食ですね♪」
「あ、ごはん、いらんわ」
「ねだんさげれえへんで、ごはんこもりにしとくでつけときん♪」
「じゃあ」

しるは、ちょいうすめで、あまい。うどんはまるい断面で、まろやかな食感。あげもんはほのでっかさにびっくり。たつたあげ2個とさかなフライ2個を特製あまだれソースにつけてたべる。ごはんは、こもりっていったほどにはこもりじゃなかったか。いや~、ソウルフードっていっとったの、わかるきがするわ~。たべおわったとこで、注文きいてくれたおねえさんが、「ごめんなさい! あってました?」ってきいてくれる。いや、このきゃくへのきくばりがうれしい。食后感もよくて、満足。きょうは刈谷の権兵衛でひるごはん。

福田康夫もと総理大臣も安倍晋三総理大臣におこっとる

ふるい新聞記事だけど、記録しとく。福田康夫もと総理大臣も、安倍晋三総理大臣の森友事件におこっとるだ。

2018.6.3 ちゅうにち - 福田もと総理が森友事件に苦言 800-685
みずからいのちたったひとはどうなる
福田もと総理、佐川氏不起訴で苦言

福田康夫もと総理大臣は2018年6月ついたち、東京都内のにほん記者クラブで記者会見し、学校法人森友学園をめぐる財務省の決裁文書かいざんで、佐川宣寿(さがわのぶひさ)前国税庁長官らが不起訴となったことに関し「不起訴でおとがめなしとなれば、みずからいのちをたったひとはどうなるのか」って疑問をなげかけた。この問題をめぐっては国有地売却を担当した近畿財務局の男性職員が「かきかえをさせられた」ってメモをのこし自殺しとる。
福田康夫氏は、みずから制定を主導した公文書管理法が麻生太郎政権下の2009年に成立したことを紹介。「麻生さんがまあちょっとクローズアップされにゃあかん。ご記憶ねがいたい」として、麻生太郎副総理兼財務大臣が公文書の厳正管理にとりくむよううながした。
安倍晋三政権のもと、公文書のいんぺいやかいざんがあいついどることについては「リーダーがかんがえんかぎり公文書管理はうまくいかん」って指摘。「セクハラとおんなじでわかいひとのほうが敏感。入省后すぐに意識づけるべきだ」ってはやい時期での職員研修が重要だってうったえた。
〔2018年6月みっか - ちゅうにち〕


(さんこう)

  • ことしもゆいつゴルフ不参加 - 福田もと総理はやっぱり「安倍ぎらい」|日刊ゲンダイ|2018/08/21
    • よほど安倍総理のことが嫌いなのだろう――。先週2018年8月16日、森喜朗氏、小泉純一郎氏、麻生太郎氏の総理経験者3人とゴルフを楽しんだ安倍総理。政界関係者が「やっぱり」と納得したのが、総理経験者の福田康夫氏が参加せんかったことだ。<安倍・森・小泉・麻生>の4人は、昨年の夏休みも集まって会食しとるが、その時も、福田氏だけ出席せんかった。
    • 福田元総理は安倍総理を完全に見限っとるという。公然と「安倍批判」を始めたのは昨年夏からだ。共同通信のインタビューに応じ、<国家の破滅に近づいとる>と痛烈に批判した。「国家の破滅」と口にするのは、よほどのことだ。
    • その后も、会見などで何度となく安倍批判をしとる。
    • 「現役官僚や自民党議員から安倍政権の実態を伝えられとるのでしょう。福田さんは『安倍政権のままでは国が壊れてしまう』と強い危機感を持っとるようです。あまり知られてないが、福田さんと石破茂氏は親しい。総裁選に出馬した石破茂氏を側面支援する可能性もあります」(自民党関係者)
    • 安倍サイドが懸念しとるのは、福田氏が皇太子妃・雅子さんの父親、小和田恆国際司法裁判所所長と極めて親しいことだという。皇太子は来年、即位する。
    • 小和田恆氏と福田の2人をよく知る政治ジャーナリストの野上忠興氏は次のように言う。野上氏は、福田赳夫政権当時、官房長官番として2人を取材しとった。
    • 「康夫さんが福田赳夫総理の秘書官をしとった時、外務省から出向して同じ秘書官を務めとったのが小和田さんでした。年令が近いこともあって2人はすぐに親しくなった。もう40年近い付き合いです。安倍総理からしたら、皇太子の近くに「反安倍」の康夫さんがおることは気がかりでしょうね」
    • 「安倍批判」をしとる自民党の大物OBは、福田氏だけじゃない。ここまで先輩から強烈に批判されるのは異例だ。

グランパス、再開初戦を勝利! リーグ戦第2節 2 - 1 エスパルス

2020-07-04 (1) グランパス 2 - 1 エスパルス
2020-07-04 (2) グランパス 2 - 1 エスパルス 2020-07-04 (3) グランパス 2 - 1 エスパルス

いや~、やっぱりサッカー、いいわ~。しんがたコロナウイルスさわぎによるながい中断期間をへて、きょう2020年7月よっか、サッカーが再開。マテウス、相馬、前田、阿部、稲垣、シミッチ、吉田、丸山、みんないごきがよくて、リーグ戦第2節のエスパルス戦に 2 たい 1で勝利。


(さんこう)

まあはい6月ついたちから解除になっとるだて - 県境をまたぐ移動

なんか、きょうはじめて県境をまたぐ移動が解除されたようなことを、新聞やテレビでいっとるけど、ほれ、東京のはなしじゃないか。わが愛知県をふくむ東海地方はまあはい2020年6月ついたちから解除になっとるだて。

愛知・岐阜・三重の東海3県、2020年6月1日から観光を含む移動の自粛を解除
(2020年5月31日合意)

(トラベル Watch - 2020年6月1日)

愛知・岐阜・三重の東海3県は2020年5月31日、3知事によるテレビ会議を実施し、「コロナ社会における観光の再生に向けた愛知・岐阜・三重3県知事共同宣言」に合意した。
2020.6.1 トラベル Watch - 東海3県が移動自粛を解除 1350-880

本合意では「社会経済圏が深く重なり合っとる愛知・岐阜・三重の東海3県においては、観光を含めた人の移動を2020年6月1日から緩和」するとしており、全国に先駆けて東海3県の間でのみ、県境をまたぐ観光を解禁する。

翌2020年6月1日に実施した愛知県知事大村秀章氏の定例会見でも、「3県間の観光を含む移動の自粛を解除」と言及しとる。
2020.6.1 愛知県新型コロナウイルス感染拡大予防対策指針 440-425

しんがたコロナ:3県またぐ移動自粛解除 - 中部3知事、観光再生へ連携

日本経済新聞 - 2020/6/1)

愛知、岐阜、三重3県の知事は2020年5月31日、政府の緊急事態宣言全面解除を受けて新型コロナウイルスに関するテレビ会議を開き、2020年6月1日から3県をまたぐ観光を含めた移動の自粛要請を解除、観光地の早期再生に向けて協力するとした共同宣言を出した。感染防止対策を徹底し、誘客促進などで連携する。

愛知県の大村秀章知事は「3県は平日も仕事などで多くの人が往来しとる。観光を含め、一つの経済圏として連携することは有意義だ」と述べた。高速道路を活用した3県の周遊促進キャンペーンや、共同のスタンプラリー企画などを行う方向で一致した。

岐阜県の古田肇知事は、新しい生活様式が広がり「(団体旅行より)個人や家族で旅行する動きが加速する」と指摘。新たなPR方法を模索する必要性を訴えた。

3知事は2020年5月16日、県をまたぐ不要不急の移動を控えるよう求める共同声明を出しとった。〔共同〕

愛知県と静岡県をまたぐ移動自粛を解除 - 隣接する湖西市浜松市に観光客

静岡朝日テレビ - 2020年6月1日)

国は、愛知県と静岡県をまたぐ移動自粛を解除しました湖西市浜松市には愛知県から観光客が訪れ、これまでの生活は少しずつ戻っております。

湖西市:道の駅支配人「自粛求める看板なくなれば…」
愛知県と接する湖西市では、自粛を呼びかける看板が残っておりました。愛知県から静岡県への移動自粛がきょう解除され、国道1号バイパス沿いの道の駅には、愛知から来た人の姿もありました。
ただ、生活圏が一体の豊橋市とは、解除前から行き来があったといいます。
道の駅「潮見坂」支配人:「豊橋から来られる方は、トンネルを抜けると看板があってドキッとすると言っとった。多少は(人が)減っとったと思うので、これで看板がなくなれば、またもとに戻ってもらえればありがたい」

浜松市:愛知県からの観光客「肩身が狭い思いがなくなる」
友光晃希記者:「浜松市の観光名所、浜松城は感染対策をとった上で、きょうから営業を再開しました」
浜松市では市が管理する全ての施設をきょうから再開しました。浜松城天守閣もおよそ2カ月ぶりの営業です。施設内では三密を避ける対策が徹底されております。チケットの窓口では足元に印をつけて、間隔を空けて並んでもらうようにしております。
施設内を見学する際にも、新たなルールを作りました。
浜松城館長代理松田由紀子さん:「なるべく一方通行で見学していただいて、間隔をとって。大勢の皆さんに見学していただきたいが、狭い城内なので」
接触飛沫感染のリスクを減らすため、順路を定めました。再開初日、県外への移動制限が緩和された隣県からの観光客も訪れておりました。
愛知からの観光客:「県またいでの移動がなかったので今までは。久々に県をまたいで静岡まで来ました。ようやく外出しても、肩身の狭い思いがなくなる」
三重からの観光客:「ずっと自粛だったので、(来て)よかったです。(移動制限緩和について)少し不安なところもあるが、ようやく解除されたなという思い」
一方、今月2020年6月18日までは県をまたぐ不要不急の移動は「慎重」に、とされとる首都圏からの観光客もおりました。
東京からの観光客:「久しぶりのお出かけということもあって、結構新鮮な気持ちで旅行できた。もうそろそろいいのではないかと思い来た」
東京の高校生:「あすから学校が始まる。緊急事態宣言も解除されたということで、緊急事態宣言が発令されてから東京都以外の県には行ってない。きょうが初めて」
施設では、今后、混雑の状況に応じて入場規制なども検討しとる、ということです。

やまたかぼう、かってみた - 2020年6月17日

2020.6.17 (10001) アピタあんじょうみなみてん - やまたかぼう 1500-1800

2020年6月17日。桜井のアピタで、やまたかぼうかった。これからなつをむかえるにあたってのあつさ対策だ。

2020.6.17 (14) 若鯱家アピタ桜井店 - かつカレーうどん 1200-900 2020.6.17 (10002) 若鯱家アピタ桜井店 - かつカレーうどん 1200-1090

ついでに若鯱家でかつカレーうどん。ごちそうさまでした。


(さんこう)

「給付金利権のやみ」 - 2020.6.5 日刊ゲンダイ

2020.6.5 日刊ゲンダイ - 給付金利権のやみ (2) 770-2260 2020.6.5 日刊ゲンダイ - 給付金利権のやみ (1) 1490-2160

2020年6月いつかの日刊ゲンダイに「給付金利権のやみ」っていう記事があった。みだしだけよむと、こんなふうにかいてある。

疑惑かくだい、給付金利権のやみ

えにかいたような「国家犯罪」にあらためて震撼

石破もと幹事長が衝撃の発言

法務大臣夫妻の犯罪、黒川甚次、法解釈の変更、森法務大臣のでたらめ答弁という一連の疑惑に官邸と党はどう関与しとったのか

点をむすんだ線がえがきだしたおそるべき国家犯罪に検察はきりこめるのか。この政権をひきずりおろさんかぎり、社会は未曽有の混乱必至

ポケットマネーのように税金を浪費する異常な感覚

このコロナ禍でも利権をむさぼる下劣

疑惑のぬしは安倍晋三悪徳政権。検察にはぜひこれをあきらかにしてほしい。