あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

きょうの美女 - 岩田早希代さん

からだじゅうからたのしさがつたわってくる。ちゅうにちの「このひと」にのっとった岩田早希代(いわたさきよ)さん、35才。

たいあたり動画が人気 - 福井県広報課職員 岩田早希代さん、35才
岩田早希代さん(ちゅうにち 2018.11.13) 645-750
福井県あわら市の「ゆかけまつり」では、全身びしょぬれでリポート。「北陸のハワイ」ってよばれる福井県敦賀市の水島では、シュノーケリングをしながらカメラをはなさん。たいあたり動画がインターネット上で人気を博しとる。2018年8月には「地方公務員がほんとにすごい!っておもう地方公務員アヲード2018」を受賞した。
福井県坂井市出身。大学卒業后、テレビ局で映像制作の技術を習得した。4年勤務したあと、「あこがれの海外ではたらきたい」って青年海外協力隊員としてアフリカのマラヰへ。感染症予防をよびかけるビデオを制作、普及させた。
帰国后の2016年7月、福井県広報課の職員として採用され、動画投稿サイトユーチューブに「おいでよ!ふくい」っていうチャンネルを開設。「福井を疑似体験してほしい」って観光地などを紹介する動画をつぎつぎと投稿した。
取材の予約とりつけから動画さつえい、編集まですべてひとりで担当。てがたりんくなや、いあわせたひとにさつえいをおねがいする度胸と愛嬌は海外じこみだ。3年間の限定雇用のためのこりの任期はみじかいけど、「情報発信のわをひろげていきたい」って情熱をもやしとる。
△ 岩田早希代さん(ちゅうにち 2018.11.13)

うん、うん。度胸と愛嬌っていう表現がぴったりだ。3年間の限定雇用ってのがもったいないじゃないかな。


◇            ◇

(さんこう)

かり殿におまいり - 2018年11月よっか古井神社祭礼

2018年11月よっかは古井神社のおまつり。拝殿や本殿は改修中で、かり殿におまいりしてきた。

2018.11.4 古井神社仮殿 2000-1500
(2018.11.4 古井神社仮殿)

2018.11.4 改修中の古井神社 2000-1500
(2018.11.4 改修中の古井神社)

かり殿は2018年7月ようかから2020年3月28日までか。

2018年ノーベル平和賞にえらばれたムラドさん

2018年ノーベル平和賞にえらばれたムラドさん。イスラム国の侵攻をうけて、戦闘員のつまにさせられとったげな。脱出以后、ほの実態を証言して被害者救済をうったえてきた。戦時の女性への性暴力は戦争犯罪だ。

◇            ◇

平和賞のムラドさん、えがおのない会見「国益のまえに人道主義

(あさひ - 2018年10月ここのか)

  • ことし2018年のノーベル平和賞にえらばれたイラクの少数派ヤジディー教徒のナディア・ムラド・バセ・タハさん、25才が2018年10月ようか、アメリカワシントンで記者会見した。受賞決定后、おおやけのばでかたったのははじめて。ムラドさんは「こえをあげられんひとびとのこえになる。正義をもとめるひとびとのためにたつ」ってかたり、性被害をうけた女性や迫害されとる少数派のために、今后も活動していくってちかった。
    ムラドさん(あさひ)(ランハム裕子さんさつえい) 640-426
    △ ムラドさん(あさひ)(ランハム裕子さんさつえい)
  • ムラドさんは冒頭、ことし2018年のノーベル平和賞にえらばれたことについて、「おおきなおどろきで名誉」ってのべたあと、「同時に(じぶんが)おおきな責任を(もつことを)はっきり理解した」ってかたった。
  • さらに、「わたしの目標は中東や世界でしいたげられとる少数派や性暴力の被害者をまもることだ」って説明。ほのうえで「ひとつの賞やひとりの人間では、ほの目的をたっすることはできん」って強調。「すべての政府に虐殺や性暴力の犯罪とたたかうことをもとめる。世界は道徳的、法的な責任をもたんといかん。国益のまえに人道主義がなきゃいかん」ってのべ、被害者救済へ国際社会がまっと積極的にとりくむよううったえた。
  • ムラドさんは2014年に過激派組織イスラム国」に拉致され、「性奴隷」としてイスラム国戦闘員らから強姦や暴力をくりかえしうけた。脱出したあとは被害の実態を証言し、性暴力の被害者救済をうったえつづけとる。イスラム国にたいしては、「かぞえきれんひとびとのいのちをうばった。社会を破壊しただ」ってつよく非難した。ほの上で「(イスラム国)構成員をころすことが正義なのではない。構成員を法廷に連行し、罰することが正義だ」ってかたった。
  • また、性的いやがらせなどの性被害をSNSなどで告発する「#MeToo(わたしも)」運動についてとわれると、「わたしののぞみは、性暴力の体験をうったえるすべての女性が、ほのうったえにみみをかたむけられ、うけいれられることだ。ほいで、いたみをわかちあうこと、こえをあげることを(女性が)安全ってかんじることだ」ってかたった。
  • ムラドさんはおよそ40分の会見中、つねに冷静に、ていねいに記者の質問にこたえた。ただ、えがおは一度もみせんかった。(ワシントン=杉山正さん)
    (平和賞のムラドさんえがおなき会見「国益のまえに人道主義」:朝日新聞デジタル(ワシントン=杉山正さん)|2018年10月9日06時40分)
イスラム国の性暴力を告発 - ノーベル平和賞ナディアさんのよこがお

(貫洞欣寛(かんどうよしひろ)さん - 2018/10/05)

  • 2018年のノーベル平和賞は、コンゴ人の医師で、内戦で性暴力の被害をうけた女性の治療をつづけてきたデニ・ムクヱゲさん、63才と、イラク北部出身の25才の女性、ナディア・ムラドさんが授賞した。
  • ことし2018年の平和賞のテーマは「紛争下での女性への性暴力」にたいする啓発。「勇気あるひと」ってノルヱー・ノーベル委員会にたたえられたナディアさんは、どんなひとなのか。なぜノーベル平和賞を受賞したのか。
  • ナディアさんは1993年、イラク北部シンジャル地方にうまれた。周辺はシンジャル山脈っていう天然の要塞にまもられ、ヤズディ教っていう独自の宗教への信仰をまもりつづけるひとびとがくらす地域だ。民族的にもアラビア語をはなすアラブ人ではなく、イラク・シリア・トルコ・イランにまたがってひろがり「くにをもたん世界最大の民族」ってよばれるクルド人。一方で、クルド人の主流はイスラムスンニ派。つまり、シンジャルのヤズディ教徒は、イラクの少数派であるクルド人でも、さらに少数派なだ。
  • フセイン政権の独裁など過酷な歴史に翻弄されてきたヤズディのひとびとに巨大な悲劇がおきたのは、2014年8月のことだった。シリアとイラクで急速に勢力をひろげたイスラム過激派「イスラム国」がシンジャルに侵攻しただ。極端なイスラム教解釈をとるイスラム国にとって、ヤズディ教徒はイスラムを信じん「邪教徒」。ヤズディに一切の人権をみとめんイスラム国のてで、男性や高令の女性はころされた。わかい女性は性奴隷とされた。強制的にイスラム国戦闘員の「つま」とさせられただ。被害者のかずは3,000人をこえるってみられる。19才の学生だったナディアさんもこのとき、イスラム国にとらえられた。くりかえし強姦され、なぐるけるの暴力をうけた
  • ようやく脱出したのち、イラクからドイツへのがれ、避難民としての生活をつづけながら、報道機関の取材をうけてみずからの経験をかたり、イスラム国の性暴力を告発した。2015年12月には国連の安全保障理事会にも出席し、人身や性暴力の実態を証言。人身売買の被害者の尊厳をうったえる国連親善大使となった
  • 家父長制のつよいクルド社会では、性暴力をうけたことは女性と一家のはじであり、かくすべきだっていうかんがえかたがねづよい。ほれにひるまず、みずからの悲惨な体験を「女性への性暴力や人身売買を二度とゆるしてはならん」ってかおをあげてうったえつづけたことにより、2016年10月、ヨーロッパ連合EU、ヨーロッパ議会は、すぐれた人権活動をたたえるサハロフ賞をナディアさんと、まあひとりのヤズディの女性におくった。ほれ以降、ナディアさんはノーベル平和賞の有力候補として注目をあつめるようになっとった。
  • 2018年10月いつかのノーベル平和賞発表で、委員会はナディアさんに授賞する理由をこう説明した。
    戦時の女性への性暴力は戦争犯罪であり、国際安全保障への脅威である。戦時に女性の基本的な権利と安全を保障せにゃ、より安全な世界にはならん」
    「ナディアは脱出后、こえをあげることをえらんだ。わずか23才で国連親善大使にえらばれた。ナディアはことし2018年、女性への虐待にたいして発言をつづけた。ムクヱゲ氏とともに、この問題で世界の先頭にたった」
    (イスラム国の性暴力を告発 - ノーベル平和賞ナディアさんのよこがお(貫洞欣寛(かんどうよしひろ)さん)|BuzzFeed News|2018/10/05 20:11)

中島の悠紀斎田収穫祭 - 2018年10月なのか

これはいけんじゃっただけど、2018年10月なのか、中島(なかじま)の悠紀斎田(ゆきさいでん)で収穫祭があった。ちゅうにちにつぎのようにでとった。

さおとめすがたでいねかり - じもと住民ら収穫祭 - 岡崎の六ツ美悠紀斎田
2018.10.7 中島の悠紀斎田でいねかり(ちゅうにち) 542-670
大正天皇の即位をいわった1915年の大嘗祭(だいじょうさい)にこめを献上した岡崎市中島町(なかじまちょう)の六ツ美悠紀斎田で2018年10月なのか、「ゆき収穫祭」があり、じもと住民らがたわわにみのったいねを収穫した。
じもと住民らでつくる保存会が主催。保存会員と一般参加者ら55人が参加した。
6月の「おたうえまつり」でなえをうえた200平方メートルの斎田には一面、こがねいろにいねがみのった。保存会の加藤祐幸さん63才は「ことしはあつさや台風がつづきできが心配されたけど、じょうぶにそだってくれた」ってはなす。
いねかりでは、かさをかぶり、こんいろのうわぎをつけたさおとめすがたの保存会員がなれたてつきで先導。一般参加者のおやこづれも「かえるがおる」、「どろどろだ」ってうれしそうにはなしながら、保存会員からかまのつかいかたなどをおそわり、ていねいにいねをかりとった。
たうえのときも見物におとずれたっていう静岡県湖西市斎藤孝二さん42才は「まつりでうえられたいねの収穫にたずさわれてうれしい。きてよかった」ってえがおではなした。
六ツ美悠紀斎田では、2018年10月21日午前11時から脱穀や、いなわらをつかったアクセサリーづくりなどの体験ができる。
(ちゅうにち、2018年10月ようか、細谷真理さん)


(さんこう)

中島の悠紀斎田おたうえまつり - 2018年6月みっか

2018.6.3 中島おたうえまつり (1) 悠紀斎田 1080-1920

まあはい収穫祭もおわっちゃっただけど、2018年6月みっかにみてきた中島の悠紀斎田おたうえまつりのようすを記録しとく。

【式次第】 【悠紀のさと】 【八幡社】 【ひる休憩】
【おたうえまつり (1) はじまるまで】 【(2) 式典】 【(3) おねりおどり】 【(4) おたうえ】

◇            ◇

式次第

2018.6.3 中島おたうえまつり (2) 式次第(おもて) 590-800
2018.6.3 中島おたうえまつり (3) 式次第(うら) 650-800
2018.6.3 中島おたうえまつり (4) 解説(おもて) 1060-1380
2018.6.3 中島おたうえまつり (5) 解説(おもて) 960-1320

悠紀のさと

式典のはじまるまえに悠紀のさとの展示品を見学。

2018.6.3 中島おたうえまつり (6) 悠紀のさと - 展示 1720-1000
2018.6.3 中島おたうえまつり (7) 悠紀のさと - いねこき 1920-1080
2018.6.3 中島おたうえまつり (8) 悠紀のさと - もみすり 1820-1060
2018.6.3 中島おたうえまつり (9) 悠紀のさと - せんまい 1870-1060
2018.6.3 中島おたうえまつり (10) 悠紀のさと - きょうのう 1860-1060
2018.6.3 中島おたうえまつり (11) 悠紀のさと - きょうのう 1900-1070

献上米になるまでのてじゅんが説明してある。

2018.6.3 中島おたうえまつり (12) 悠紀のさと - 美矢井橋をわたる行列 1180-820

とりわけ興味をひかれたのが、この美矢井橋をわたる行列。中島村碧海郡に所属し所管の官庁があんじょうにあったため、とれたこめはいったんあんじょうで検査したうえで、あんじょうえきから東海道線ではこばれていったらしい。

2018.6.3 中島おたうえまつり (13) おたうえみんなでアート 1140-720

廊下ではおたうえみんなでアート。

八幡社

おたうえまつりはあくまで神社の祭礼としておこなわれるってことで、中島村のむらんなかにある八幡社にいってみる。

2018.6.3 中島おたうえまつり (14) 八幡社 - 本殿の拝殿 1850-1040
2018.6.3 中島おたうえまつり (15) 八幡社 - 「悠紀斎田大嘗祭」 1700-1050
2018.6.3 中島おたうえまつり (16) 八幡社 - 大正宮 1850-1040

なるほど、祭礼だ。東京からチャンネルさくらっていう報道機関が取材にきとったのにもおどろく。

2018.6.3 中島おたうえまつり (17) 八幡社 - 大正宮おくもつ 1440-810

おくもつもそなえてある。

2018.6.3 中島おたうえまつり (18) 八幡社 - 悠紀斎田記念庫 1550-1070

悠紀斎田記念庫っていうのもあった。

ひる休憩

2018.6.3 中島おたうえまつり (19) 永楽 - やきぎょうざ定食 800-450

中島のまちんなかにみつけた中華料理やさんでひるごはん。いや、さっきのおくもつみたいだ。

2018.6.3 中島おたうえまつり (20) 北中島バス停 1900-1070 2018.6.3 中島おたうえまつり (21) 北中島バス停標識 1080-1920

中島のまちをみなみからきたにあるいてみる。いちばんきたのほうまでいったとこで北中島バス停。名鉄東部交通の運行するバスで東岡崎と西尾をむすんどるだけど、運行本数は1時間に1本。

2018.6.3 中島おたうえまつり (22) 長池公園前バス停 1920-1080 2018.6.3 中島おたうえまつり (23) 長池公園前バス停標識 1070-1900
2018.6.3 中島おたうえまつり (24) 長池公園前バス停 - 東岡崎いきバス 1900-1070 2018.6.3 中島おたうえまつり (25) 長池公園前バス停 - 東岡崎いきバス 1880-1060

つぎのバス停が長池公園前バス停。ここが悠紀斎田もよりのバス停になる。ちょうど東岡崎いきのバスがやってきて、なんにんかがのりこんでいく。いや、おとこのひとがなんにんものってったのにはおどろいた。

2018.6.3 中島おたうえまつり (26) 中島町上野交差点 - 東岡崎いきバス 1280-720

バスとわかれて、おたうえまつりの会場へ。

おたうえまつり (1) はじまるまで

2018.6.3 中島おたうえまつり (27-1) チャンネル桜の取材 970-800 2018.6.3 中島おたうえまつり (28-1) 司会者 640-520

さっきのチャンネル桜がまあはい取材しとる。司会はあおやまえつこさん。


2018.6.3 中島おたうえまつり (29) チャンネル桜の取材 1110-770 2018.6.3 中島おたうえまつり (30) 六ツ美西部小学校の合唱 1440-1040

六ツ美西部小学校のこたちの唱歌

2018.6.3 中島おたうえまつり (31) 六ツ美中学校の吹奏楽 1680-1080

六ツ美中学校のこたちの吹奏楽

2018.6.3 中島おたうえまつり (32) さおとめ 1920-1080
2018.6.3 中島おたうえまつり (33) さおとめ 1500-960
2018.6.3 中島おたうえまつり (34) さおとめ 1690-1060

さおとめのひとたちがテントにあつまってくる。おたうえまつりの主役だ。

おたうえまつり (2) 式典

2018.6.3 中島おたうえまつり (35) 開式のことば 1440-810
2018.6.3 中島おたうえまつり (36) 修祓の儀(しゅばつのぎ) 1400-810
2018.6.3 中島おたうえまつり (37) 祝詞奏上(のりとそうじょう) 1850-1040
2018.6.3 中島おたうえまつり (38) 田の清祓い(たのきよはらい) 1850-1040

修祓の儀(しゅばつのぎ)、祝詞奏上(のりとそうじょう)、(38) 田の清祓い(たのきよはらい)って式典がすすんでいく。

2018.6.3 中島おたうえまつり (39) 田の清祓い(たのきよはらい) 1600-1080
2018.6.3 中島おたうえまつり (40) 田の清祓い(たのきよはらい) 1820-1080
2018.6.3 中島おたうえまつり (41) 田の清祓い(たのきよはらい) 1640-1080
2018.6.3 中島おたうえまつり (42) 田の清祓い(たのきよはらい) 1400-810

田の清祓い(たのきよはらい)。

2018.6.3 中島おたうえまつり (43) 玉串奉奠(たまぐしほうてん) 1320-810

玉串奉奠(たまぐしほうてん)

2018.6.3 中島おたうえまつり (44) らいひん祝辞 1280-720

らいひん祝辞。人数がおおすぎかもしれん。

おたうえまつり (3) おねりおどり

2018.6.3 中島おたうえまつり (45) さおとめ 1160-720
2018.6.3 中島おたうえまつり (46) しゅっぱつまえ 1130-720
2018.6.3 中島おたうえまつり (47) しゅっぱつまえ 1450-1080
2018.6.3 中島おたうえまつり (48) しゅっぱつまえ 1160-810

整列。

しゅっぱつ。

2018.6.3 中島おたうえまつり (49) おねりおどり 1200-720
2018.6.3 中島おたうえまつり (50) おねりおどり 1280-1000
2018.6.3 中島おたうえまつり (51) おねりおどり 1430-1050
2018.6.3 中島おたうえまつり (52) おねりおどり 1020-1060
2018.6.3 中島おたうえまつり (53) おねりおどり 1170-720
2018.6.3 中島おたうえまつり (54) おねりおどり 1840-1060

おねりおどりはながい。

2018.6.3 中島おたうえまつり (55) きゅうけい 940-720

きゅうけい。

おたうえまつり (4) おたうえ

なえうちのあとおたうえになる。

2018.6.3 中島おたうえまつり (56) なえうち 1880-1070
2018.6.3 中島おたうえまつり (57) なえうち 1210-720
2018.6.3 中島おたうえまつり (58) なえうち 1220-720

まず、なえうち。

2018.6.3 中島おたうえまつり (59) おたうえ 1080-720
2018.6.3 中島おたうえまつり (60) おたうえ 1220-720

おたうえのはじまり。

2018.6.3 中島おたうえまつり (61) おたうえ 880-540
2018.6.3 中島おたうえまつり (62) おたうえ 940-540
2018.6.3 中島おたうえまつり (63) おたうえ 870-540
2018.6.3 中島おたうえまつり (64) おたうえ 940-540
2018.6.3 中島おたうえまつり (65) おたうえ 910-540
2018.6.3 中島おたうえまつり (66) おたうえ 890-540
2018.6.3 中島おたうえまつり (67) おたうえ 940-540
2018.6.3 中島おたうえまつり (68) おたうえ 940-540

うえる。うえる。うえる。

2018.6.3 中島おたうえまつり (69) おたうえおどり
2018.6.3 中島おたうえまつり (70) おたうえおどり
2018.6.3 中島おたうえまつり (71) おたうえおどり 1750-1040

たんぼのまわりで、おたうえおどりもはじまる。

2018.6.3 中島おたうえまつり (72) おたうえおどり
2018.6.3 中島おたうえまつり (73) おたうえおどり
2018.6.3 中島おたうえまつり (74) おたうえおどり 940-540
2018.6.3 中島おたうえまつり (75) おたうえおどり 930-540

うえる。うえる。

2018.6.3 中島おたうえまつり (79) 終了 930-540
2018.6.3 中島おたうえまつり (83) 終了 940-540

おわり。おつかれさまでした。


(さんこう)

ヌーディスト、、、決断できません

まあ、にほんじゃあなつもおわって彼岸になっちゃったけど、なつのあっついときのパリのはなし。ヌーディストのひとが急増して、産経新聞のパリ駐在の記者さんもちょっとほのきになったけど、けっきょく決断できずじまいにおわったらしい。いや~、美人記者さんの一糸まとわぬすがた、期待したひともおおかったじゃないかな。

ヌーディストが急増中? - きもちよさそう…でも決断できません

(産経ニュース - 2018.8.22)

  • これも地球温暖化のせいか。フランスでヌーディストが急増中だ。パリ市民の憩いの場、バンセンヌの森に今年2018年、市公認の「裸限定」ピクニック場がオープン。2018年5月に近代美術館が行った「裸で鑑賞デー」では、定員161人に対し、およそ3万人がインターネットで参加意欲を示した。
  • ヌーディスト・ビーチといえばかつて、ヒッピー文化に親しんだ中高年ばかりだった。以前訪ねた時、みんな腹を出してゴロリと日光浴していたので、「動物園みたい」と不謹慎な感想を抱いたが、今は違う。中心は18~35才の男女で、ワイン片手のピクニックは華やか。18世紀の哲学者ルソーの思想にちなんで、「自然に帰れ」をかけ声に「ナチュリスト」を自任し、裸運動の活動家(?)としての意識も強い。
  • テレビ出演したパリのナチュリスト協会代表は、「社会の固定観念から解き放たれ、人生を豊かにする運動」だと訴えた。裸文化の普及に向けて、裸ジャズ演奏会、ヨガ教室などを計画中とか。「将来はエッフェル塔ツアーもやりたい」と意欲を示す。
  • 私が時々行くパリの市営プールでも、「裸限定」の時間帯ができた。スッポンポンで50メートル泳いだら、さぞかし気持ちいいだろう。興味をそそられつつ、まだ決断できずにいる。
    (【パリのまど】ヌーディストが急増中? - きもちよさそう…でも決断できません - 産経ニュース(三井美奈さん)|2018.8.22 07:06)
    三井美奈さん 142-160

◇            ◇

(さんこう)

  • 【パリのまど】大胆露出、おんなのなつ - 産経ニュース(三井美奈さん)|2018.7.27 11:00
    • 7月に入ると、近所のジムに来る中高年女性が急増した。日本では痩せ願望が強いが、こちらはみんな筋トレ命。黙々とマシンに向かう姿はまるで修行僧だ。
    • フランスの夏、女性は老若を問わず、胸の谷間や脚を大胆に見せるセクシー・スタイルが定番。胸や尻にプリっと筋肉がついていないと、格好良く決まらない。バカンス前は気合が入るのも分かる。
    • 先日、足元のおぼつかない70才くらいの女性が更衣室にいた。下着は黒のTバック。胸元のあいたミニのワンピースで、シミだらけの肌を堂々と披露していた。パリジェンヌは生涯現役のオンナなのか。日本の女性誌は「パリの女性は年令不問で輝いている」と持ち上げるが、その気合と迫力には脱帽する。
    • いつまでも性的魅力を保とうと努力するのも、男女の駆け引きが多い国柄のためだろう。
    • 先日、ジムで自転車をこぎながら、50代半ばとおぼしき女性が携帯で長電話をしていた。別れた夫に「バカンスを一緒に過ごそう」と誘われているらしい。「今更何よ」と言いながら、ちょっとうれしそう。
    • 長い夏休みは、どんな出会いがあるか分からない。ひょっとしたら人生の転機になるかも。だから、体磨きに精を出す。女の勝負時なのだ。
  •  

映画『累(かさね)』 - 土屋太鳳さんと芳根京子さん

いま人気の女優土屋太鳳(つちやたお)さん。映画んなかで芳根京子(よしねきょうこ)さんとキッスか。こや、みにいかにゃいかんな。

土屋太鳳&芳根京子、映画「累(かさね)」初日あいさつ - キスは「100回くらい」暴露

中日スポーツ - 2018年9月8日)