あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

ヌーディスト、、、決断できません

まあ、にほんじゃあなつもおわって彼岸になっちゃったけど、なつのあっついときのパリのはなし。ヌーディストのひとが急増して、産経新聞のパリ駐在の記者さんもちょっとほのきになったけど、けっきょく決断できずじまいにおわったらしい。いや~、美人記者さんの一糸まとわぬすがた、期待したひともおおかったじゃないかな。

ヌーディストが急増中? - きもちよさそう…でも決断できません

(産経ニュース - 2018.8.22)

  • これも地球温暖化のせいか。フランスでヌーディストが急増中だ。パリ市民の憩いの場、バンセンヌの森に今年2018年、市公認の「裸限定」ピクニック場がオープン。2018年5月に近代美術館が行った「裸で鑑賞デー」では、定員161人に対し、およそ3万人がインターネットで参加意欲を示した。
  • ヌーディスト・ビーチといえばかつて、ヒッピー文化に親しんだ中高年ばかりだった。以前訪ねた時、みんな腹を出してゴロリと日光浴していたので、「動物園みたい」と不謹慎な感想を抱いたが、今は違う。中心は18~35才の男女で、ワイン片手のピクニックは華やか。18世紀の哲学者ルソーの思想にちなんで、「自然に帰れ」をかけ声に「ナチュリスト」を自任し、裸運動の活動家(?)としての意識も強い。
  • テレビ出演したパリのナチュリスト協会代表は、「社会の固定観念から解き放たれ、人生を豊かにする運動」だと訴えた。裸文化の普及に向けて、裸ジャズ演奏会、ヨガ教室などを計画中とか。「将来はエッフェル塔ツアーもやりたい」と意欲を示す。
  • 私が時々行くパリの市営プールでも、「裸限定」の時間帯ができた。スッポンポンで50メートル泳いだら、さぞかし気持ちいいだろう。興味をそそられつつ、まだ決断できずにいる。
    (【パリのまど】ヌーディストが急増中? - きもちよさそう…でも決断できません - 産経ニュース(三井美奈さん)|2018.8.22 07:06)
    三井美奈さん 142-160

◇            ◇

(さんこう)

  • 【パリのまど】大胆露出、おんなのなつ - 産経ニュース(三井美奈さん)|2018.7.27 11:00
    • 7月に入ると、近所のジムに来る中高年女性が急増した。日本では痩せ願望が強いが、こちらはみんな筋トレ命。黙々とマシンに向かう姿はまるで修行僧だ。
    • フランスの夏、女性は老若を問わず、胸の谷間や脚を大胆に見せるセクシー・スタイルが定番。胸や尻にプリっと筋肉がついていないと、格好良く決まらない。バカンス前は気合が入るのも分かる。
    • 先日、足元のおぼつかない70才くらいの女性が更衣室にいた。下着は黒のTバック。胸元のあいたミニのワンピースで、シミだらけの肌を堂々と披露していた。パリジェンヌは生涯現役のオンナなのか。日本の女性誌は「パリの女性は年令不問で輝いている」と持ち上げるが、その気合と迫力には脱帽する。
    • いつまでも性的魅力を保とうと努力するのも、男女の駆け引きが多い国柄のためだろう。
    • 先日、ジムで自転車をこぎながら、50代半ばとおぼしき女性が携帯で長電話をしていた。別れた夫に「バカンスを一緒に過ごそう」と誘われているらしい。「今更何よ」と言いながら、ちょっとうれしそう。
    • 長い夏休みは、どんな出会いがあるか分からない。ひょっとしたら人生の転機になるかも。だから、体磨きに精を出す。女の勝負時なのだ。
  •  

映画『累(かさね)』 - 土屋太鳳さんと芳根京子さん

いま人気の女優土屋太鳳(つちやたお)さん。映画んなかで芳根京子(よしねきょうこ)さんとキッスか。こや、みにいかにゃいかんな。

土屋太鳳&芳根京子、映画「累(かさね)」初日あいさつ - キスは「100回くらい」暴露

中日スポーツ - 2018年9月8日)

 

松坂屋の西陣博覧会 - 2018年6月27日

2018年6月27日は松坂屋西陣博覧会をみてきた。

黄金タペストリ
2018.6.27 (21) 西陣博覧会 - 黄金タペストリー 2000-1500

特大の黄金タペストリー。

日本橋
2018.6.27 (22) 西陣博覧会 - 日本橋 1780-1460

鳴海
2018.6.27 (23) 西陣博覧会 - 鳴海 1920-1420

岡崎
2018.6.27 (24) 西陣博覧会 - 岡崎 1490-1110

日本橋、鳴海、岡崎。東海道53次のしゅくばまちだ。これが西陣織でおってあるっていうでおどろく。

吉祥天立像
2018.6.27 (25) 西陣博覧会 - 吉祥天立像 820-1660

阿修羅像
2018.6.27 (26) 西陣博覧会 - 阿修羅像 800-1720

吉祥天立像、阿修羅像っていう仏像のかけじく。

風神雷神
2018.6.27 (27) 西陣博覧会 - 風神雷神図 1370-1130

風神雷神図。

枯木鳴鵙図
2018.6.27 (28) 西陣博覧会 - 枯木鳴鵙図 820-1820

宮本武蔵がこれをみてさとりをえたっていういわれがあるだったかの枯木鳴鵙図(こぼくめいげきず)。

がまぐち
2018.6.27 (28い) 西陣博覧会 - がまぐち 800-540

つまのみやげに西陣織のがまぐちをかってかえったよ。よろこんでくれたかもんかどうか。


(さんこう)

完全休養び

ひづけがかわってきのうになっちゃったけど、きのうはひがないちんち、うちでごろごろしとった。育児てつだいはやすみで、あめもふっとったで、完全休養びにしただ。やったことっちゅうと、よる6時からのグランパス戦をダゾーンでみたことぐらいか。まあ、しっかりやすめてよかったよ。あしたははたけのくさとり。あさってからまた育児てつだいだ。

領土交換不調 - セルビアとコソボ

いいじゃんかっておもったセルビアコソボの領土交換だけど、ほの第一歩になるべき大統領同士の会談は中止になっちゃったげな。

首脳会談中止:セルビアコソボ - 領土交換の交渉不調

毎日新聞 2018年9月8日)

◇            ◇

(さんこう)

あさいちの有働由美子さんがニュースゼロに - 2018年10月ついたちから

有働由美子さんがテレビにもどってくる。たのしみだわ。

ニュースゼロに有働由美子さん(ちゅうにちスポーツ 2018.9.5) 730-1375
有働バッシングをおそれん - 2018.10.1「ニュースゼロ」一新
2018年10月ついたちから一新する日本テレビ系「ニュースゼロ」(月~木=午后11時、金=午后11時30分)のあたらしい主格アナウンサーとなるフリーの有働由美子アナウンサー(49才)が2018年9月よっか、東京汐留の日本テレビで会見。「有働ぶし」全開で抱負をかたった。
2018年3月にNHKを退局し、フリー転身后はつのアナウンサー就任。まっしろなワンピースすがたで登場した有働由美子アナウンサーは「きょう、この中途半端なヱディングドレスみたいなものを用意していただいて・・・。これはよめにだされたって。だしてくれたNHKにもりっぱにやっとるなっておもっていただけるようにがんばりたい」ってユーモアたっぷりに決意表明した。
NHK「あさいち」でおなじみだったあさのかおがよるのかおとなる。「やっべ、こんどは放送が(深夜)12時までだでのめやへんじゃんって・・・」。いまのうちに友人と「のみだめ」をしとるっていう。
「これからのニュースはなにが正義なのか。まよいながら視聴者にぶつけて、バッシングをおそれず発言していきたい」。炎上覚悟、ほんねでいくつもりだ。
ニュース担当の岩本乃蒼(いわもとのあ)アナウンサー(26才)と畑下由佳(はたしたゆか)アナウンサー(26才)、文化とお天気担当をするもと乃木坂46の新人市来玲奈(いちきれな)アナウンサー(22才)ら共演陣も発表され、会見に登場した。
とてもたのしみ - 桜井翔
ひきつづきばんぐみのアナウンサーをつとめる「嵐」の桜井翔(36才)からは「有働由美子さんとごいっしょし、どんな空気の、どんなふんいきのニュースゼロになるのかとてもたのしみにしております」ってビデオメッセージがよせられた。
2012年から2014年の3年間、NHK「紅白うた合戦」で有働由美子アナウンサーが総合司会、嵐がしろぐみの司会をつとめとる。有働由美子は「(当時は)そうとうわたしのいろんなところもひろったりしていただいてまして、(こんかいも)スタートから桜井翔さんがおるでだいじょうぶって。わたしの100倍ぐらい信頼のおけるアナウンサーのかたりくちだで」って信頼をよせとる。
△ ニュースゼロに有働由美子さん(ちゅうにちスポーツ 2018.9.5)

セルビアとコソボが領土交換か

セルビアコソボの領土交換、いいじゃんか。セルビア系住民が多数派をしめるコソボ北部とアルバニア系住民が多数派をしめるセルビア南部を交換して、関係正常化をめざすだげな。ただ、コソボって岐阜県ぐらいのせばい地域なだ。人口も岐阜県の9わり。セルビアから一方的に独立したコソボだけど、こんな小国で分立せんで、おんなじことばをはなすアルバニアと合併してもいいじゃんかっていうきもする。

まあ、とりあえずはセルビアのブチッチ大統領とコソボのサチ大統領が2018年9月7日にブリュッセルで会談するげなで注目だ。

コソボセルビアと領土交換検討 - ヨーロッパはつよいけねん

(まいにち 2018.9.4)

  • 2008年にセルビアから一方的に独立を宣言したコソボセルビアの間で、「領土交換」が検討されている。セルビア系住民が多数派を占めるコソボ北部とアルバニア系住民が多数派を占めるセルビア南部を交換し、両国の関係正常化を目指すというのだ。だが民族対立の末、1990年代に紛争が起こった旧ユーゴスラビア諸国で国境を変更するのは「禁じ手」。ドイツなどヨーロッパ諸国から強い懸念の声が上がっている。
  • セルビアのブチッチ大統領とコソボのサチ大統領は2018年9月7日に、ヨーロッパ連合EU)の仲介を受けブリュッセルで会談することを決めた。領土交換を議論するとみられる。
  • 1998年から1999年のコソボ紛争を経て、「独立」したコソボと独立を認めないセルビアの対立は根深く、EUが支援する両国の関係正常化はこれまで大きく前進することはなかった。原因の一つがコソボに住むセルビア系住民およそ15万人とセルビアに住むアルバニア系住民およそ6万人の処遇だ。ブチッチ氏とサチ氏は、セルビア系住民、アルバニア系住民が集住する地域を「交換」することで、障害を取り除くことを検討している。
    2018.2.8 ミトロビツァ(三木幸治さん) 798-482
    うえの写真は領土交換の対象となっとるコソボ北部のミトロビツァ。セルビア系住民が多数派で、まちにはセルビアのはたがかかげられとる。(2018.2.8 三木幸治さん)
  • これまでも領土交換の話は浮上したことがあるが、アメリカやヨーロッパ諸国が強く反対してきた。国境線を引き直した場合、両国内で民族間の緊張が高まる可能性があるほか、今も民族対立を抱えるボスニア・ヘルツェゴビナマケドニアなどの近隣諸国に悪影響を及ぼしかねないからだ。
  • 今回、領土交換を検討する機運が高まったのは、アメリカが態度を変更したからだ。ボルトンアメリ大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は先月2018年8月24日の記者会見で「もしセルビアコソボが合意できるなら、領土交換(の選択肢)も排除しない」と述べ、両国の協議を后押しする考えを示した。アメリカがなぜ意見を変えたのか不明だが、トランプアメリカ大統領の意向が働いた可能性もある。だがヨーロッパ諸国は「(両国民の)傷を再び顕在化させることになる」(マースドイツ外務大臣)など反対の姿勢を崩していない。
  • セルビアコソボが悲願とするEUへの加盟には、両国の関係正常化が条件。そのため、ブチッチ氏とサチ氏は国内の反対勢力からも理解を得られる妥協点を見いだそうとしてきた。もし領土交換が実現すれば、両者とも国内に「一定の成果」をアピールすることができる。
  • 「年内」の関係正常化を公言してきたブチッチ氏は先月2018年8月25日、オーストリアで開かれたパネルディスカッションで「我々はセルビアコソボの将来を考えている。他の国々に迷惑はかけない」と強調。2018年9月7日の協議后、コソボを訪問することも決めた。サチ氏も「(両国が)新しい歴史を作るときが来た」と交渉妥結に強い意欲をみせている。
    (コソボ:セルビアと領土交換検討 - ヨーロッパはつよいけねん - 毎日新聞(ウィーン=三木幸治さん)|2018年9月4日17時10分)

◇            ◇

(さんこう)