あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

きょうの美女 - 飯豊まりえさん♪

飯豊まりえさん(ちゅうにち 2019.7.21) (1) 785-1340

きょう2019年9月12日でテレビ放映おわっちゃったけど、「サイン - 法医学者柚木貴志の事件」に新人解剖医の役でとった飯豊まりえさん、かっこよかったな。

飯豊まりえさん(ちゅうにち 2019.7.21) (2) 830-1240
「現職の女性解剖医さんは度胸があって、平然と解剖されるっておききしたです。どこかできをまぎらわせんとまいっちゃうで、解剖しながら『よるごはん、なにたべる?』ってな会話をしとることもあるそうで『わたしはほこまでいけるかな…』って、ほんなどきどきもあります」ってかたるのは飯豊まりえ、21才。「サイン - 法医学者柚木貴志(ゆずきたかし)の事件」(もくようよる、テレビ朝日系)で、天才法医学者柚木(大森南朋(おおもりなお))にきたえられる新人解剖医中園景(なかぞのけい)を演じとる。
「柚木さんのすがたをみながら、わたし自身も景といっしょにおおきく成長していきたいです。柚木さんにはそうとうしいたげられますけど^^。いまのよのなかなかなかほういう先輩もおらんきがするで、すごくたのしみです! 寡黙できびしい柚木さんと、等身大の20代である景の『いまっぽいきょりかん』が台本をよんどってもすごくリアルだったで、かんじたままに演じれたらなっておもってます」
みずから柚木の弟子になることを志願した景。柚木にしいたげられながらも、くらいついていく、うたれづよく天真らんまんな女性だ。
「じつはわたし、景のように、先輩にたいしてもたちむかっていくような、つよいおんなのこをあんまり演じたことがないです。ほの点でもこんかいはすごくたのしみです。やくがらじょうは大森さんにずっときらわれとる役なですけど、さつえい以外ではすきになってもらえるよう、がんばって演じたいです」
〔ちゅうにち - 2019年7月21日 - 週間テレビガイド〕