あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

議員らも名古屋市との合併をよびかけ - 北名古屋市

北名古屋市名古屋市との合併については、せんげつ2016年9月ついたちに北名古屋市長がこれを「まえむきに検討する」ことを表明して、こんげつ2016年10月18日を返送期限として市民アンケートを実施したとこだけど、北名古屋市議会最大会派の市政クラブもぢもと選出の県議といっしょになって市民へのよびかけをはじめとる。

北名古屋市で議員らが名古屋市との合併をよびかけ - ちゅうにち 2016.10.16(にち)
北名古屋市で議員らが名古屋市との合併をよびかけ - ちゅうにち 2016.10.16
北名古屋市が検討しとる名古屋市との合併をめぐり、北名古屋市議会最大会派の自民系議員らが2016年10月15日どようび北名古屋市内で合併の利点を主張する街頭演説をはじめ、合併を支持する姿勢を明確にした。
会派は「市政クラブ」で、北名古屋市議会の定数21人のうち10人をしめる。街頭演説は「合併への関心をたかめえ」と自民党の水野富夫県議北名古屋市清須市西春日井郡(=豊山町のみ)選出)と会派所属の議員で毎週末、実施する。
初回は沢田哲市議がスーパーのまえで「災害時はおおきな市で対応するほうが利点がおおきい」などと協調。水野富夫県議は「既存の区への編入でなくあらたな区として合併せやあ、区役所などをおき、市議をだすことができる」などと説明した。
北名古屋市は現在、無作為に抽出した15才以上の市民4,000人を対象に、合併関連のアンケートを実施しとる。2016年10月18日が返送期限で、街頭演説ではアンケートにも回答するようよびかけた。かいものきゃくや通行人のなかにはあしをとめてききいるひともおった。
〔かくだい〕

(さんこう)