あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

北名古屋市、名古屋市と合併か

2006年3月はつか、西春町(にしはるちょう)と師勝町(しかつちょう)が合併してあたらしい市ができた。なまえは、市の代表駅のなまえにもなっとる西春をつかうこともなく、また、市域にあるほかのどんな地名をつかうこともなく、となりにある巨大都市名古屋との位置関係だけで北名古屋市とした。しらべてみると、西春町も師勝町もほのむかしに合併してできた自治体で、それぞれ西春日井郡の「九之坪村、上拾箇村、下拾箇村」の3村と、おなじく西春日井郡の「訓原村、鹿田村、六ツ師村、熊之庄村」の4村を母体としとって、西春とか師勝っていう地名がもともとあったわけじゃなかった。ただ、西春が西春日井郡っていう郡のなまえに由来し、師勝の師が六ツ師村の師に由来するものと推測できるように、なんらかほの地域をあらわすなまえとのかかわりはたもってきた。

北名古屋市の地図(2016.10.15 あきひこ確認)
北名古屋市の地図(2016.10.15 あきひこ確認)

ところで、先月2016年9月ついたち、北名古屋市長が「名古屋市との合併をまえむきに検討する」って表明した。ほいで、いまは名古屋市との合併に賛成か反対かをとう、市民アンケートを実施中とのこと。

市民アンケート11月公表 - 北名古屋市合併案
  • 北名古屋市が検討しとる名古屋市との合併で、北名古屋市の市民アンケートに注目があつまっとる。2016年10月18日までおこない、2016年11月に結果を公表予定だけど、反対が賛成をおおはばにうわまわや、構想をすすめるのはむづかしい。機運をもりあげえと、ぢもとの自民県議と市議会最大会派の議員が2016年10月15日から街頭演説をはじめる。
  • 最初の分岐点
    「(午后)4:00 北名古屋街頭」
    北名古屋市にある自民党の水野富夫県議(清須市北名古屋市西春日井郡選出)の事務所。ホワイトボードには2016年10月15日の街頭演説の予定がかかれ、いっしょにまわる市議のシフト表がかべにはってある。市議会最大会派で自民系の市政クラブの市議10人と毎週末、利点をうったえ、座談会も計画するっていう。
    「合併は両市のまちづくりに有効。議員が市民に説明し、支援する」
  • 長瀬保市長が名古屋市との合併を「まえむきに検討する」って市議会で表明したのは2016年9月ついたち。2016年9月26日には無作為にえらんだ15才以上の市民4千人(対象人口のおよそ6パーセント)に賛否をとうアンケートを発送し、市幹部の検討委員会も設置するなどちゃくちゃくとすすめとる。
  • いっぽう、市民の反応はさまざま。パート女性(47)は「こどもの医療費が名古屋市のように無料になるなら歓迎」って期待。名古屋市に通学する女子大生(20)は「いまのままで不便はない。合併せんでもいいじゃないか」ってさめた表情をみせる。
  • アンケートはこんごの方針を判断する最初の分岐点。市幹部は「市民の意向をいちばんにかんがえる」ってはなす。
    愛知県内の市町村の地図
    愛知県内の市町村の地図
  • 防災とリニア
    2006年に師勝町と西春町が合併し、北名古屋市がたんじょうして10年。北名古屋市名古屋市近郊で比較的、地価がたかく、固定資産税収入がおおい。合併后、人口は6千人あまりふえ、財政は安定しとる。
  • ほいでも長瀬市長が合併を検討する第一の理由が、災害時の「スケールメリット」だ。2000年の東海豪雨当時、長瀬氏が町長だった旧師勝町は数百人の職員で被災者支援や復旧に苦戦。職員が数万人の名古屋市は被害のない地域の人材や車が被災地へ出動した。
  • 南海トラフ地震がけねんされるなか、長瀬氏は「ちいさな市ではくるしいじゃないのか」ってあやぶむ。
  • まあひとつがリニア中央新幹線開業をみすえたまちづくり。再開発がすすむ名古屋駅から北名古屋市中心部にある西春駅まで名鉄犬山線で10分。「地域全体でとりくんでいきたい」っていうおもいがある。
  • まあはい名古屋市豊山町と共同で2020年の稼働を目標に、北名古屋市内にあたらしいごみ処理施設を建設中で、合併意欲をあとおししとる。
  • 両市の温度差
    ただ、みちのりはとおい。こそだてや医療、公共交通など両市の制度のちがいはおおきく「くらしがどうかわるのか」っていう不安のこえもある。
    名古屋市と北名古屋市の比較(ちゅうにち)
  • 名古屋市との“温度差”も。河村たかし市長は「『結婚したい』っていってもらえるのは名古屋に魅力があるっていうこと」って歓迎し、市議会は特別委員会で合併問題を議題とすることをきめた。ただ、庁舎内で勉強会開催といった具体的ないごきはなく「北名古屋市アンケート結果を注視する」(市幹部)たちばだ。
  • 市幹部は「インフラや福祉政策で両市の差はおおきく、市民や議会でよほど機運がもりあがらんと、合併にいごくとはかんがえにくい」ってはなす。
    中日新聞(鈴木あやさん、安田功さん) - 2016年10月14日)

西春のえきが名古屋空港のもよりえきであるっていう以外に、なにっていうとくちょうのなさそうな北名古屋市名鉄名古屋から西春まで9.2キロっていうちかいきょりにあって、地形的にも平坦地で連続しとるし、名古屋の市街地とのあいだにおおきな田園地帯がよこたわっとるわけでもない。北名古屋市ってなのったこと自体、名古屋市と合併したいっていう意思表示ともとれる。このまま合併にすすむようなきがするな。


(さんこう)