あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

イワンは ジョン? (アハ 053)

ジョン John と いう なまえは ヘブライ語の ヨハナン Johanan に 由来する。ヨハナンは 「ヤハウェは めぐみ ぶかい」の 意。ヨハナンから 伝道者 ヨハネで 有名な ヨハネの 名が うまれる。そして、キリスト教の 伝播と ともに この 名が ヨーロッパ 全域に ひろがる。


ヨハネが 各地で それぞれの なまりかたを して、つぎの とおりと なる。

イギリス
→ ジョン John
オランダ
→ ヤン Jan
ドイツ、デンマーク、ノルウェー、スウェーデン
→ ヨハン Johan
ポルトガル
→ ジョアン Joao(ほんとは a の うえには 〜が つく)
スペイン
→ フアン Juan
フランス
→ ジャン Jean
イタリア
→ ジョバンニ Giovanni
ギリシア
→ イオアニス Ioannis
ロシア
→ イワン Ivan(やっと ジョンが イワンに なった)

みーんな その くにっぽい なまえに なってますよね。


(ポイント)

  • キリスト教の 起源は ヨーロッパの そとの ヘブライ語*1に ある。
  • ヨーロッパは キリスト教で つながっとる ことが よーく わかる。

(参照文献)

  • 文春新書 「人名の世界地図」 税ぬき 780円

こう いう 本、電車の なかで よむのに ちょうど いい。ことばの こと、歴史の こと、興味は つきない・・・。


ちなみに この 本では、中国、韓国・アジア・アフリカの 人名にも 言及して いる。高句麗の 始祖、朱蒙チュモン)は 国名に ちなんで 「高 朱蒙(고 주몽)」と 名乗った、との こと。



*1:ヘブライ語は 近代に なって イスラエルで 復活した。