あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

六条御息所(ろくじょうみやすどころ)

あんじょうの図書館でこんなえをみた。

説明がきをみると、かいたのは江頭奈尾子(えとうなおこ)さんっていうひとで、源氏物語(げんじものがたり)の登場人物のひとり、六条御息所(ろくじょうみやすどころ)をかいたもんだっていう。源氏物語では嫉妬の権化(ごんげ)のようにえがかれとる六条御息所も、このえではずいぶんとやさしげで知性的なおんなのひとにかいてあるね。