あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

原爆にころされた少年

2022.8.9 (6-1) 「なんでこんなめにあわにゃならんのか」 1960-960

原爆にころされた少年。長崎の爆心地から700メートルの地点で、すみのようになって死んどった少年。こんなことやっていいわけないだら。こんな無差別大量殺人やっていいわけないだら。

きょう2022年8月ここのか、東別院会館でみてきた原爆と戦争展の展示資料にあった写真だ。ほいから、写真といっしょにのっとった峠三吉ってひとの詩じゃあ、こんなころされかたをしたことを、「にほんじんぜんたいにきざみこまれた屈辱だ」っていっとる。ほんとに、なんでこんなはずかしめをうけにゃいかんかっただ。

峠三吉「そのひはいつか」(ばっすい)

ころされたきみのからだをだきおこそうとするものはない
やけぬけたもんぺの羞恥をおおってやるものもない
そこについた苦悶のしるしをぬぐってやるものはもちろんない
つつましい生活のなかのたたかいにせいいっぱいつとめながら
つねにきよわなほほえみばかりにいきてきて
しだいにふくれるやさしいおもいをむねにおさえた
いちばんはじらいやすいとしごろのきみの
やわらかいしりがてんぴにさらされ
ひからびた便のよごれを
ときおりとおる死体さがしのひとかげが
ほうけた表情でみてゆくだけ

それは残酷
それは苦悩
それは悲痛
いいえそれより
この屈辱をどうしよう!
すでにきみは羞恥をかんずることもないが
みたもののめにやきついて
ときとともにあざやかに
こころにしみる屈辱、
それはもうきみをはなれて
にほんじんぜんたいにきざみこまれた屈辱だ!

2022.8.9 (6) 「なんでこんなめにあわにゃならんのか」 1300-1860