あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

日展みてきた - 2022年1月27日

2022.1.27 (37-1) 日展 - 会場のようす 1650-1350
2022.1.27 (43) 日展 - 会場のようす 1990-1200 2022.1.27 (44) 日展 - 銅像作品 2000-1500

きょう2022年1月27日、愛知県美術館ギャラリーで日展をみてきた。いくつかの作品を紹介する。

◇            ◇

2022.1.27 (34-1) 日展 - 成田環さん「遥」 1680-1370

成田環さん「遥」。

2022.1.27 (35-1) 日展 - 古金谷初美さん「あめのひ」 1410-1650

古金谷初美さん「あめのひ」。おれもここにいったことがある。写真もとった。このひともやっぱりここでなんかかんじただ。

2022.1.27 (36-1) 日展 - 大友義博さん「こもれびのもりで」 1840-1530

大友義博さん「こもれびのもりで」。少女の透明感がいい。

2022.1.27 (38-1) 小灘一紀さん「いわながひめとこのはなのさくやびめ」 1090-1300

小灘一紀さん「いわながひめとこのはなのさくやびめ」。こしかけとるのがいわながひめで、したにすわっとるのがとこのはなのさくやびめか。

2022.1.27 (39-1) 日展 - 朝日洋子さん「愁色」 1820-1240

朝日洋子さん「愁色」。はだかのおんなはやっぱりいい。

2022.1.27 (40-1) 日展 - 大木基彰さん「まどろむ」 2000-1390

大木基彰さん「まどろむ」。

2022.1.27 (41) 日展 - 大塚麗子さん「おだやかなひ」 1360-1700

大塚麗子さん「おだやかなひ」。きりっとしたかおだちがいいな。

2022.1.27 (42-1) 小笠原あい子さん「ビルマのたてごとのいのり」 1490-1850

小笠原あい子さん「ビルマのたてごとのいのり」。

2022.1.27 (45) 日展 - 古居寛子さん「澄心」 930-1760

古居寛子さん「澄心」。

2022.1.27 (47) 待田和宏さん「撓屈(どうくつ)『瀝Ⅶ』」 820-1350

待田和宏さん「撓屈(どうくつ)『瀝Ⅶ』」。

作家のことば
はるか遠い過去から現在、そして未来へと万物は流転し、奏で続ける。一滴の水滴から始まる水の流れも、岩肌を伝い、倒木を乗り越え、光に飛び散りながら、やがて美しい沢水となり下流を目指す。そういう流れていく時を表現した。轆轤成形にデフォルメした器形をつくり、白磁から青白磁へと変化するグラデーションは透明ガラス釉の積層で表現した。


(さんこう)