あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

伊勢かむながら

2021.1.17 (6-1) 斎藤吾朗アトリエ展 - 『伊勢かむながら』 1990-1490

2021年1月17日、斎藤吾朗アトリエ展に『伊勢かむながら』っていうえをみた。あまてらすおおみかみが太陽をむねにもって、もろもろにひかりをあてとるだけど、放射状にのびるほのひかりのあかるさが印象的だった。

伊勢かむながら〔油彩〕

かむながら(かんながら)はかみさまのみこころのままにという意味で、やまとひめのみことが各地をまわり、たびのころもをいすいだ(濯いだ)五十鈴川一帯にあまてらすおおみかみのおやしろをつくった。

太陽のひかりは、つくよみのみこと、とようけのおおみかみ、御用林、伊雑宮(いざわのみや)、めおといわ、斎宮、、、すべてのものをあまねくてらしてきよめてくれておる。

2021.1.17 (7) 『伊勢かむながら』 - 説明がき 820-1700 2021.1.17 (7-1) 『伊勢かむながら』 - 説明がき 580-750


【公式】油彩「伊勢かむながら」解説 - YouTube

◇            ◇

(さんこう)