あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

安藤広重と牡丹のであい

きょう2019年11月12日、中京スポーツ連載の大下英治『いろ艶筆』に、安藤広重と牡丹のであいのばめんがえがかれとるのをみた。

大下英治
ひめくりエッセーいろ艶筆
しりのゆすりでこぶねが
安藤広重は、新編「東海道五十三次」をえがくたびで三河の岡崎で俳諧師の牡丹とであい、牡丹と矢矧橋のしたのかわらにおり、こぶねにのりたのしんだ。
牡丹は、あおむけのおとこにまたがる『しぐれちゃうす』から上体をうしろにそらす『そり観音』の体位にうつった。牡丹は広重にぬれにぬれたべにいろの観音をみせつけながら、広重のかりくびをすっぽりとくわえこんだ。そのまま、器用にからだをまわし、ゆたかなしりを広重にむけた。『ほかけぶね』の体位だ。
そのおおきなしりをあやしくゆすりはじめた。
「ああ、ふかいの。ふかいわ。おくまで、かんじるの。かんじるの・・・」
牡丹は、たまらなさそうなこえをあげては、しりをゆっくり、あやしくゆすりつづける。
広重もたまらなくかんじていた。女陰(じょいん)のおくのおくまで、つきはいっている。ただ、こまるのは、おおきなしりがゆれるたびに、しりのうごきにあわせて、こぶねもゆれることである。牡丹は、かまわず大胆にしりをゆすりつづける。
「あぁ、かんじるわ、かんじるわ・・・」
しりのうごきが、いっそう大胆になっていく。
広重は、ついにくちにだした。
「お、おい、そんなにはげしくうごかしては、ふねが、ひっくりかえってしまうではないか」
牡丹は、かまわずしりをゆする。広重がおびえるのがおもしろいのか。
「広重さん、そんなにいのちがおしいのかい。人間、どうせ白骨になるんだ。いつ、どこでなったって、おなじじゃないか。いま、こうして・・・」
牡丹は、ゆっくりとしりをまわしながらしゃべりつづけた。
「たのしみながら、ふねがひっくりかえって死ねば、最高じゃないのさ」
広重は、おんなにそこまでいわれ、それ以上おびえをみせるのはやめた。
牡丹が、くびをまわし、広重をみて注文をつけた。
「ね、広重さん、わたしにばかりおしりをうごかさせないで。おまえさんも、まわしづき、して・・・」
広重は、ふねのゆれがおそろしく、じぶんのほうからははげしくうごかなかったのである。
牡丹にせがまれ、広重ははらをきめた。
<えーい、ひっくりかえるならひっくりかえれ。死ねば、あのよの女房ともはやくあえる>
じぶんでおおげさにもそういいきかせ、まわしづきをはじめた・・・。
おおした・えいじ
1944年6月7日、広島県うまれ。ノンフィクション作家。政財界から芸能界にいたるまで、各界の人物伝などを多数執筆。
イラスト・明玖美(めぐみ)
2019.11.12 中京スポーツ - 大下英治『いろ艶筆』 1470-1310