あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

「断固拒否 すべての暴力 だめよ ダメダメ!」

あんじょうしの2014年度暴力団追放標語入選作品が広報にのっとった。

暴力団追放標語入選作品(広報あんじょう 2015.2.1号)

  • 1位
    「断固拒否 すべての暴力 だめよ ダメダメ!」谷本しずえさん
  • 2位
    「町ぐるみ スクラム組んで 暴力追放」森永政雄さん
    「いやがらせ 明日までまたず すぐ通報」甲斐友幸さん
  • 3位
    「暴力が なくなる未来の 街づくり」手島孔二さん
    「暴力に みんなでNoと 言う勇気」赤池稔貴さん
    「オレって誰? 遠くの息子に まず電話」山下澄江さん

◇            ◇

中日新聞にもきのうまでの連載で、豊橋の歓楽街、松葉での暴力団と歓楽街の関係がとりあげられとった。

<たちきる - 暴力団と歓楽街>(上) - ねぶかい関係:愛知:中日新聞(CHUNICHI Web)|2015年2月5日

  • ひがしずみ、ネオンのあかりがともる豊橋市松葉地区。5ヘクタールほどの区域にビルがたちならび、キャバクラやスナック、いざかやなど400店が営業しとる。
  • 男性はいう。「暴力団とつきあってもいいことなんかないけど、いまでもほとんどのよるのみせがみかじめ料をはらっとる」

<たちきる - 暴力団と歓楽街>(中) - 変化のきざし:愛知:中日新聞(CHUNICHI Web)|2015年2月6日

  • 2015年1月上旬、松葉で飲食店を経営しとった男性が、みかじめ料の返還をもとめ、平井一家の総裁や山口組の司忍こと篠田建市組長らを提訴した。全国ではまんだ2例めだけど、原告弁護団のひとりはかたる。「勝訴できや、過ばらい金返還請求と同様、全国で訴訟が頻発するだらあ。暴力団排除が一気にすすむ可能性がある」

<たちきる - 暴力団と歓楽街>(下) - 決別のとき:愛知:中日新聞(CHUNICHI Web)|2015年2月7日

  • 「まちのかおやくがおらんくなり、ささいなことでけんかするチンピラがふえるほうがまっといやだ」って、豊橋市の歓楽街、松葉地区でスナックをいとなむ女性はかたる。指定暴力団山口組直系、平井一家とながねんつきあいをつづけてきた松葉の経営者たち。年配者からはとくに、「必要悪では」とのこえがきこえてくる。暴力団を専門に取材する鈴木智彦氏は「周囲への虚栄心をみたすため、暴力団とつながる飲食店がじつはいちばんおおい。組員の犯罪に加担する人間までおり、つきあいをたつ努力がたりてない」って指摘する。
  • 松葉のキャバクラ店員だった男性は昨年2014年に独立した。あんのじょう、3人の組員がやってきた。「暴力団のかたは・・・」ってことわると、「営業できんくしてやるぞ」ってすごまれた。ただ、ほいだけだった。「松葉であたらしくみせをやる人間は、絶対にとおらにゃいかんみちだで。ほんなにおそがくもないよ」

◇            ◇

暴力団排除にむけての努力はつづく。


(さんこう)