あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

人間って かなしい

「いただきます!」ってのは 「いきものの いのちを いただきます」って いう 意味だって ことは しっとった。


この あとだ。フェースブックの ともだちが こんな 文章を 紹介しとった。



動物と 植物の いちばんの ちがいは なにか?


ほれはですね、


「動物は、たべる ために いごかにゃ いかん」
「植物は、たべる 必要が ないで いごかんで いい」


です。


植物は いごけん、じゃ ないのです。いごかんくて いいのです。なぜか? いきて いく ための 栄養を、じぶんの ちからで つくりだす ことが できるからです。


わたしたち 動物には ほれが できません。だから、どうしても ほかの いきものを 「たべる」 必要が ある。


動物で あっても 植物で あっても、どんな いきもので あっても、じぶんの いのちの かぎり せいいっぱい いきつづけたい、ほう ねがって いきとるのだと わたしは おもいます。


わたしたち 動物は、ほんな ほかの いきものの 「いのち」を うばわにゃ、いっときも いきて いく ことが できん、かなしい 宿命を せおった いきものなのです。



なるほど、「植物 みたいに じぶんの ちからで 栄養を つくりだす ことが できんで、ほかの いきものの いのちを うばうしか ない」ってのが 人間だっただ。




(さんこう)