あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

本丸御殿、50億 寄付 あつまったげな!

ことし 2013年 5月 29日に、第1期 工事分の 玄関と 表書院 (おもて しょいん)の 公開が はじまった 名古屋城 本丸御殿 (ほんまる ごてん)。ぜんぶが 完成するのは まんだ 5年 あとの 2018年に なるだげなけど、市民から つのっとった 寄付金が、先月 2013年 7月までに 目標の 50億円を こえたげな。総事業費 150億円の 3分の 1に あたる。

20130724 11:34 名古屋城 本丸御殿 建設 げんば 内部
△ 名古屋城 本丸御殿 建設 げんば(2013年 7月 にじゅうよっか さつえい)

(ちゅうにちの 記事から)

  • 名古屋市は 2002年に 基金を 設立。総事業費 150億円の うち 100億円を 名古屋市と 愛知県、くにが 負担し、のこり 50億円は 市民からの 寄付で まかなう ことに した。
  • 寄付 全体の 3万件の うち 9わり ちかくは 個人からで、あわせて 4億 3千万円。「復元の ために すこしでも やくだちたい」と 老後の たくわえから 1千万円 以上を 寄付する おとしよりも おったって いう。企業や 団体の 寄付は 4千件 あまりで、あわせて 46億円だった。
  • 名古屋城 総合 事務所の 佐藤正幸 所長は 「2018年の 全面 復元まで あと 5年 かかるって いう 段階で 目標を 突破し、たいへんに ありがたい」って はなす。名古屋市は 今後も 寄付金の 募集を つづける。すぎなどの うすい いたを かさねる 「こけら ぶき」の やねの 修復などへの 活用を 検討しとるげな。
  • 名古屋市は 2009年 1月に 本丸御殿の 復元 工事を 開始。

(さんこう)