あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

反韓とか 嫌韓とか

さいきん にほん 国内で、反韓 デモとか 嫌韓 デモとか いうのが おきとる。「植民地 支配の 加害者たる にほんが ほの 被害者で ある 韓国に たいして 文句を いう」なんて ことは、これまでじゃあ はばかられて できる ことじゃ なかった。

ほれが ちょっと かわって きたって ことかな。「1910年から 1945年までの 日韓 合邦 時代って、ほんとに にほんが 朝鮮を 植民地 支配しとったのか?」とか、「にほんが 朝鮮に たいして 被害を あたえとったと して、ほの 補償って 1965年の 日韓 基本 条約に もとづく 莫大な 賠償金 しはらいで おわっとる ことじゃ ないのか?」とか、「在日 韓国人や 在日 朝鮮人が 外国人の まま にほんに おりつづける ことって おかしく ないか?」とか かんがえる ひとが ふえて きたのかな。

いや、「ほれも ほだし、そもそも くにを あげて 特定の よその くにを 敵視する 教育を つづけて きとる ほっちは どう?」って おもう ようにも なって きたのかな。