あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

横浜の 電動 のこぎり 殺人 事件、死刑に 弁護団が 控訴

〔2010年 12月 むいか よる、まとめ〕

11月 16日、横浜 地裁で 死刑 判決
  • 被告=住所 不定、無職、池田容之 (いけだ ひろゆき) 32才
  • 容疑=男性 ふたりを、電動 のこぎりで くびを きって ころした ことなど
  • 公判中の 被告の はなし
    「どの ような 判決にも だれ ひとり うらむ こと なく 刑に 服したい」
  • 判決=死刑
    (裁判員 裁判では はつの 死刑 判決)
  • 朝山芳史 裁判長の はなし
    「あまりにも 行為の 残虐性が 非人間的で、最大限 くむべき 事情を 考慮しても 極刑は まぬがれん」
    「重大な 判断に なったので 控訴を すすめたい」 (控訴の 期限は 11月 30日)
11月 22日 現在、被告に 控訴の 意志 なし
  • 11月 22日に 弁護団が 接見した ときの 被告の はなし
    「事件と むきあって かんがえを ふかめとるので、(極刑を のぞむ) 遺族の 意向を 無視できず、控訴する ことは、それを きずつける ことにも つながる おそれが ある」
  • 主任 弁護人の 青木孝 弁護士の はなし
    「今後も (控訴に むけて、被告への) 説得を つづける」
11月 29日、弁護団が 控訴
  • 弁護団が 被告を 3時間 説得して、控訴に こぎつけた。
  • 弁護団が 報道陣に 説明した 控訴 理由
    「人間性の 回復や 更生の 可能性を みとめながら 死刑と した 原判決は おかしい」
  • 青木孝 弁護士の はなし
    「弁護団の 責任で 控訴した。本人の 意思に 反しとらんと おもっとる」


(ねたもと)

(さんこう)