あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

炭素税 (あんみつ)

きょう 総理 大臣に 就任した 民主党の 鳩山 代表が、こんげつ なのか 東京 都内の 講演で、「日本の 2020年までの 温室 効果 ガスの 削減 目標を、1990年に くらべ 25% 削減する ことと する」と のべ、内外から 批判や 賞賛を うけとる ところだが、大気中の 酸素 濃度を 適切に たもつ ことは むずかしい ことだと おもう。無制限に 二酸化炭素を 排出しとったのでは 酸素 濃度が へる ばかりでは なく、酸素を 放出して くれる 樹木の 生育にも わるい 影響を あたえる。


酸素の 放出と 二酸化炭素の 排出が バランスが とれとらんと いかん。


そこで、二酸化炭素を おおく 排出する ひとから 一定の わりあいで おかねを とる ことに して、樹木の 育成 費用に あてたり、または そんな おかねを はらいたく ない ひとは 二酸化炭素の 排出を 抑制すると いう 効果が あったり する。


これが 炭素税だ。


フランスが 2010年から 炭素税を 導入する ことに したそうだ。



フランスの 炭素税


家庭や 企業で 消費される 石油、ガス、石炭を 対象に、排出される 二酸化炭素(CO2) 1トンあたり 17ユーロ(約 2千 300円)が 課せられる。税率は 段階的に ひきあげられる。


平均的な 家庭の 暖房費は 年間 最高 174ユーロ(約 2万 3000円)、無鉛ガソリン 1リットルあたりの 価格は 0.04ユーロ(約 5円) たかく なる。



すでに ヨーロッパでは フィンランド、スウェーデン、デンマークが 炭素税を 導入しとるそうで、日本も とおからず そう なると おもう。さしあたり、ガソリン税の 暫定 税率が 廃止される 来年 あたりが タイミングか。




(ねたもと、さんこう)

(オリジナル)