あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

きょうの美女 - 入山法子さん♪

『エール』でカフェーの女給を演じる入山法子さん (1) 550-410

このひと、いいな。すずやかなかおだち。すらーってしたすがた。きものもかみがたもようにあっとるし、はかなげな表情もいい。

『エール』でカフェーの女給を演じる入山法子さん (2) 610-920

NHKあさどら『エール』でカフェーの女給を演じる入山法子(いりやまのりこ)さん、34才。


(さんこう)

  • このひと…|いわせあきひこ|フェースブック|2020年5月28日8:25
    • このひと、いいな。
  • <エール>「まるで美人画!」 - 「大正ロマンな美貌」が話題の入山法子とは?|芸能ニュースならザテレビジョン|2020/05/27 11:29
    • 連続テレビ小説「エール」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか※土曜は月~金曜の振り返り)にカフェーの女給・希穂子役で出演する女優・入山法子が話題だ。その美貌と儚げな雰囲気「まるで竹久夢二美人画のよう」の声が飛び交っとる。
    • 音楽学校で声楽を学ぶ音(二階堂ふみ)が表現力を磨くため、カフェーで働き始めた第9週「東京恋物語」。そこで出会ったのが、入山演じる先輩女給・希穂子だ。
    • 奔放な性格の音が客あしらいに失敗しても「ここは、夢を売る場所だからね」と優しくたしなめる希穂子。客の振る舞いに怒った音が店で騒ぎを起こすと、「私たちも悪かったんです。機嫌の悪いお客様をまだ不慣れな彼女ひとりに任せてしまって」と一緒にママに頭を下げるなど、気遣いあふれる大人の女性だ。
    • そして、なにより注目を集めたのはその美貌。髪をゆるく結い上げ、前髪をふわりと横に流したヘアスタイルに、着物は竹をモチーフにした赤と黄色の粋な縞柄かわいらしい小花柄の半襟がよく似合う。大正期から昭和初期、まさに今「エール」で描かれとる時代に活躍した画家・竹久夢二の描く「夢二式美人」そのものだ。
    • 希穂子が登場すると、視聴者からは「希穂子さん、大正モダンでステキ」「お着物がすごくよく似合っとる!」といった声だけでなく「希穂子さん、夢二の美人画そのもの」「夢二の世界から飛び出してきたみたい」と、夢二式美人を連想する声も多く上がった。
    • 希穂子を演じる入山は、1985年8月1日生まれの34才。2005年「ゆくな!龍馬」(フジテレビ)でドラマデビューを果たし、その后も数々のドラマや映画、舞台に出演しとる。
    • 長いキャリアで身につけた演技力には定評がある。2017年のドラマ「きみはペット」(フジテレビ、FOD)では、志尊淳演じる合田武志を「ペット」として家に住まわせるOL・巌谷澄麗を好演。たおやかで清潔感のあるルックスもあいまって大きな話題を呼んだ。
    • 2019年のドラマ「ニッポンノワール-刑事Yの反乱-」(日本テレビ系)も印象深い。同作では、カウンセラーとして警察の極秘プロジェクトに参加し殺害される悲劇の女性・深水星良を演じた。ドラマスタート時にはすでに故人という設定のため、回想シーンのみの出演だったが、儚げな中にも強い意志が垣間見えるキャラクターで視聴者を魅了した。
    • 色白美人のためか、「ゴーストフレンズ」(2009年、NHK総合)のゴースト役や「オリガミの魔女と博士の四角い時間」(2017年、NHKEテレ)の「謎の女」役(じつは折り鶴が変身した姿)など、生身でない役がハマるのも彼女の持ち味だ。
    • 「エール」で演じるのは、貧しい家に生まれ苦労しながらも朗らかに生きる女性。第9週「東京恋物語」では、そんな希穂子と鉄男の恋の行方がじっくりと描かれる。
    • 2020年5月28日(木)は第44回を放送する。
    • ビオレッタ役の最終選考まであとわずか。選考に向けて必死に練習せにゃいかん時期に音がカフェーで働いとることを知った千鶴子(小南満佑子)は「私のすべてをかけて、プリマドンナを勝ち取ってみせる」と宣言する。
    • 一方、鉄男は希穂子を訪ね、再びカフェーを訪れる。ちゃんと話がしたいという鉄男に、希穂子はあいかわらず冷たい態度を取る。