あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

大改修工事中の古井神社をみてきた - 2019年7月はつか

2019.7.20 (6) 古井神社 - 拝殿こやぐみ(西南かど) 2000-1500

きょう2019年7月はつか、見学会があって、大改修工事中の古井神社をみてきた。

◇            ◇

2019.7.20 (1) 古井神社 - 拝殿正面から 1600-1200

午后1時15分、拝殿のまえに集合。工事中のため社殿にはおおいがかけられて、そとからはみえん。設計監理はMC三河設計、施工は魚津社寺工務店になるだけど、魚津社寺工務店の山田さんが見学会の案内をしてくれる。

2019.7.20 (6) 古井神社 - 拝殿こやぐみ(西南かど) 2000-1500

さいしょに拝殿(はいでん)のうえにあがって、こやぐみをみる。いや~、まがりくねったはりが縦横無尽にはりめぐらされとるわ~。いやいや、こんな不整形が木材をつかってととのったやねのかたちにするって、大工さんはどんなに複雑な計算をせにゃいかんことか。

2019.7.20 (3) 古井神社 - 拝殿こやぐみ(千鳥破風) 2000-1500

古井神社の拝殿はいりもやづくりなだけど、正面中央のやねの上下にふたつ破風(はふ)があるのがとくちょうだ。こやぐみのうえのほうに、千鳥破風(ちどりはふ)の部分をかくにん。三角まどみたいにつきだしとる。

2019.7.20 (4) 古井神社 - 拝殿こやぐみ(唐破風) 2000-1500

こやぐみのしたのほう、のきさきいっぱいのとこに、唐破風(からはふ)の部分があるのをかくにん。この部分はあまもりによるいたみがとくにひどかったとのことで、補強の部材がはいっとる。中心部分からのきさきのとこまでくる部材で、これをてこの原理で、おくのほうに荷重がかかっててまえのほうをうえにもちあがるようにするだっていう。ほー。

2019.7.20 (5) 古井神社 - 拝殿こやぐみ(西北かど) 2000-1500

うらがわにまわって、かくにん。こっちはおもてにくらべたらほんなに複雑じゃない。

2019.7.20 (8) 古井神社 - 拝殿ほりもの(兵士ら) 2000-1500
2019.7.20 (7) 古井神社 - 拝殿ほりもの(人魚) 2000-1500

拝殿ののきしたのほりものをみる。兵士らが人魚をおいかけとる図だっていう。ただほりものをつくったっていうじゃなくて、ものがたりになっとるだっていう。ほったのは瀬川治助(せがわじすけ)っていうひとで、なんびゃくもの社寺のほりものをほったっていう。ほー。

2019.7.20 (9) 古井神社 - 拝殿ほりもの(にし面) 2000-1500

ひだりがわの面もみてみる。

2019.7.20 (10) 古井神社 - おおい殿やね(東北から) 1500-2000
2019.7.20 (11) 古井神社 - おおい殿やね(東北から) 2000-1500

つぎにおおい殿(おおいでん)のうえにあがってみる。おおい殿ってのは、かみさまのおわします本殿をおおう社殿のことだ。まあはいやねが完成しとる。

2019.7.20 (15) 古井神社 - 本殿、わたり殿、おおい殿 1600-1200

したにおりて、拝殿からわたり殿、おおい殿ってなかにはいっていく。

2019.7.20 (14) 古井神社 - わたり殿とおおい殿 2000-1500
2019.7.20 (12) 古井神社 - わたり殿基礎(ひがしから) 2000-1500

わたり殿(わたりでん)は拝殿とおくのおおい殿をつなぐ社殿なだけど、これだけはもとあったものをとりこわしたうえでの新築になるだけど、基礎が完成したとこ。ちなみに、わたり殿のおくのほうは、のりと殿(のりとでん)としてつかわれる。

2019.7.20 (13) 古井神社 - おおい殿のなかに本殿 2000-1500

さいごにおおい殿のなかの本殿をかくにん。本殿は想像以上にちいさなもんだった。

2019.7.20 (2) 古井神社 - 大改修工事進行表 1560-1230

はりだされとる業務進行表をかくにん。工事期間としては2019年4月19日から2020年3月とおかまでをとってあるけど、業務進行表をみてみると、おおむねの工事はことし2019年のうちにおわるみたいだ。たのしみだな。


(さんこう)