あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

きょうの美女 - 清野菜名さん♪

「半分あおい」にはじめて登場したときにかわいいなっておもってから、ずーっと注目しとった清野菜名(せいのなな)さん。こないだの5月の連休に佐久間にいったときにも、食堂においてあった静岡新聞にのっとったよ。

2019.5.2 (14) 静岡新聞 - 清野菜名さん 1780-970
清野菜名 - きもちぶつけあいたい
取材をうける清野菜名は、すこし緊張しとるようにみえた。ドラマ「やすらぎのとき、みち」テレビ朝日系、げつようからきんよう、ひる)で、戦前から現代をいきぬくおんな主人公のわかきひを演じる。「やったことがないことを経験するのって、このしごとをしとる特権だっておもう」。ういういしさをたもちながら役者の階段をかけあがっとる。
「わたし?」。もうしでをうけ、うれしさのまえにおどろきや不安をおぼえたっていう。NHK連続テレビ小説「半分あおい」への出演などかつやくがつづくけど、本人はいたって謙虚だ。
演じるのは石坂浩二演じる老脚本家がかきはじめたすじがき「みち」のおんな主人公しの。なぎなたがつよくおてんばで、いえのさらをわり半分にしちゃうほどぬけとる面も。どう演じるかなやんだけど、脚本の倉本聡から「清野さんをおもいえがいてかいたで、台本をよんでかんじたままやってくれたら」っていわれ、すなおに演じれるようになった。
園子温監督の映画なんかでみごとなアクションをみせてきた。ゆめはハリウッドへの挑戦。今作になぎなたなどアクションばめんがあることに、「もう、きた!ってかんじですね」ってわらう。さつえいにはいるはんとしまえから練習し「すじがいい」ってほめられたっていう。
前作「やすらぎの郷」に出演したさいに、倉本から役づくりの方法をおそわった。「倉本さんにであってからおしばいがほんとうにたのしくなった」。台本にかいてない役の履歴をつくるなど、まなんだことをほのあとの出演作で実践する。
いっぽう、経験をつむことでしょうじるなやみも。「おしばいになれ、技術にたよっちゃだめだって。みんなできもちをぶつけあいたい。初心をわすれずにやっていきたいです」。倉本の「みんなの代表作になるといいね」っていうことばをむねに、情熱をかたむけとる。


(さんこう)