あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

稲葉寿美さんらの東北復興支援朗読会 - 2019年3月みっか

あじき3月11日。2011年3月11日のひがしにほん地震からことし2019年3月11日で8年になる。だいぶむかしのことになったな~ってかんじもあるけど、かたりつぐひとたちももちろんおる。フリーアナウンサーの稲葉寿美(いなばひさみ)さんもほんなひとりだ。よみうり新聞につぎのようにのっとった。

東北復興支援朗読会「はるをかんじることばたち~かたりつぎたいものがたり~」

(よみうり - 2019年3月5日公開)

フリーアナウンサーの稲葉寿美(いなばひさみ)さん(52)ら「朗読女子LUCE(ルーチェ)」による東北復興支援朗読会「春を感じる言葉たち~語り継ぎたい物語~」が2019年3月3日、名古屋市中村区のOK銀行ハーモニープラザで開かれた。仙台市出身の稲葉寿美さんは東日本大震災后、被災地のことを東海地区でも語り続けたいとアナウンサー仲間などに声をかけ、毎年この時期に朗読会を開催している。8回目の今年は、残された人たちの思いをテーマとした詩や手紙などが朗読された。稲葉寿美さんは「被災地への気持ちも記憶も薄れる中、朗読をきっかけに、東北のことを思う時間が増えてほしい」と語った(朗読=稲葉寿美さん、ピアノ=Masaco西島さん)。
2019.3.3 稲葉寿美さんらの東北復興支援朗読会 (1) 1280-720 2019.3.3 稲葉寿美さんらの東北復興支援朗読会 (2) 1080-720
〔東京本社写真部加藤学さん撮影、2019年3月5日公開〕
東北復興支援朗読会「はるをかんじることばたち~かたりつぎたいものがたり~」:ニュース:動画:読売新聞オンライン|2019年3月5日公開

(さんこう)