あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

足助のおんなかりゅうど清水潤子さん

ちゅうにちの記事でみた。足助におんなかりゅうどがおるげな。ほいで、とったいのししの肉を料理してみせでだしとるっていう。いってみにゃな。

足助でジビエカフェをいとなむおんなかりゅうど清水潤子さん

(ちゅうにち - 2019年1月よっか)

  • ひとがはしってにげるとおいかけてくるけど、性格はいたって臆病。「ひとをみると警戒して、すごいいきおいでまがってにげる。まがりきれんくてころぶいのししも。『猪突猛進』はしません」。豊田市足助地区のかりゅうど、清水潤子さん47才は、経験からしるいのししの習性をほう紹介する。
    清水潤子さん(ちゅうにち 2019.1.4) 480-630
    △ 散弾銃をたずさえてかりにでる清水潤子さん
    豊田市(とよだし)明川町(あすがわちょう)で)
  • 昨年2018年11月15日にはじまった豊田市のいのししの狩猟期間は2019年3月15日まで。清水潤子さんは「きのしたやいわのかげなんかでねとることがおおく、くらいところをこのむ」って説明。農作物(のうさくぶつ)のたべごろをみきわめてはたけにくるなど、あたまのいい一面もあるっていう。
  • 清水潤子さんはまあひとつのかおをもつ。足助地区のやまあいでジビエ(野生鳥獣肉)料理を提供する「山里カフェ Mui」の経営者。「いのちをたいせつにいただく」とのおもいで、みずからこんだてをかんがえ調理する。
  • いのししはしかとならぶジビエの代表格。繁殖期の12月ごろは肉がつき、あぶらののりもいい。「とくにおもさ40キロほどで、1才ぐらいのめすは行動範囲がせばくて筋肉がすくなく、やわらかい」ってはなす。
  • うしやぶたにくらべて高たんぱくで、あぶらみもくどくない。ビタミンB群やコラーゲンも豊富で、美容にもいいってされる。足助病院などの調査では、三河のいのししのあかみには、抗酸化物質「コエンザイムQ10」がうしやぶたの2倍以上ふくまれるっていうデータもえられたっていう。(生津千里さん)
  • 「くさい、かたい」っておもわれがちだけど、適切に処理せやあくさみはでん。代表的なししなべ以外にもハンバーグやからあげ、かつ・・・。清水潤子さんは「どんな料理にもおすすめです」って太鼓判をおす。
    足助のおんなかりゅうど清水潤子さん(ちゅうにち 2019.1.4) 753-867
  • 山里カフェ Mui(むい)
    ジビエ料理がたべれるランチは完全予約制で午前11時から午后2時。すいようびともくようびがやすみ。みせのホームページをみて電話かメールで予約する。豊田市(とよだし)北小田町(きたこだちょう)伯母平(うばだいら)。

(さんこう)