あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

ヌーディスト、、、決断できません

まあ、にほんじゃあなつもおわって彼岸になっちゃったけど、なつのあっついときのパリのはなし。ヌーディストのひとが急増して、産経新聞のパリ駐在の記者さんもちょっとほのきになったけど、けっきょく決断できずじまいにおわったらしい。いや~、美人記者さんの一糸まとわぬすがた、期待したひともおおかったじゃないかな。

ヌーディストが急増中? - きもちよさそう…でも決断できません

(産経ニュース - 2018.8.22)

  • これも地球温暖化のせいか。フランスでヌーディストが急増中だ。パリ市民の憩いの場、バンセンヌの森に今年2018年、市公認の「裸限定」ピクニック場がオープン。2018年5月に近代美術館が行った「裸で鑑賞デー」では、定員161人に対し、およそ3万人がインターネットで参加意欲を示した。
  • ヌーディスト・ビーチといえばかつて、ヒッピー文化に親しんだ中高年ばかりだった。以前訪ねた時、みんな腹を出してゴロリと日光浴していたので、「動物園みたい」と不謹慎な感想を抱いたが、今は違う。中心は18~35才の男女で、ワイン片手のピクニックは華やか。18世紀の哲学者ルソーの思想にちなんで、「自然に帰れ」をかけ声に「ナチュリスト」を自任し、裸運動の活動家(?)としての意識も強い。
  • テレビ出演したパリのナチュリスト協会代表は、「社会の固定観念から解き放たれ、人生を豊かにする運動」だと訴えた。裸文化の普及に向けて、裸ジャズ演奏会、ヨガ教室などを計画中とか。「将来はエッフェル塔ツアーもやりたい」と意欲を示す。
  • 私が時々行くパリの市営プールでも、「裸限定」の時間帯ができた。スッポンポンで50メートル泳いだら、さぞかし気持ちいいだろう。興味をそそられつつ、まだ決断できずにいる。
    (【パリのまど】ヌーディストが急増中? - きもちよさそう…でも決断できません - 産経ニュース(三井美奈さん)|2018.8.22 07:06)
    三井美奈さん 142-160

◇            ◇

(さんこう)

  • 【パリのまど】大胆露出、おんなのなつ - 産経ニュース(三井美奈さん)|2018.7.27 11:00
    • 7月に入ると、近所のジムに来る中高年女性が急増した。日本では痩せ願望が強いが、こちらはみんな筋トレ命。黙々とマシンに向かう姿はまるで修行僧だ。
    • フランスの夏、女性は老若を問わず、胸の谷間や脚を大胆に見せるセクシー・スタイルが定番。胸や尻にプリっと筋肉がついていないと、格好良く決まらない。バカンス前は気合が入るのも分かる。
    • 先日、足元のおぼつかない70才くらいの女性が更衣室にいた。下着は黒のTバック。胸元のあいたミニのワンピースで、シミだらけの肌を堂々と披露していた。パリジェンヌは生涯現役のオンナなのか。日本の女性誌は「パリの女性は年令不問で輝いている」と持ち上げるが、その気合と迫力には脱帽する。
    • いつまでも性的魅力を保とうと努力するのも、男女の駆け引きが多い国柄のためだろう。
    • 先日、ジムで自転車をこぎながら、50代半ばとおぼしき女性が携帯で長電話をしていた。別れた夫に「バカンスを一緒に過ごそう」と誘われているらしい。「今更何よ」と言いながら、ちょっとうれしそう。
    • 長い夏休みは、どんな出会いがあるか分からない。ひょっとしたら人生の転機になるかも。だから、体磨きに精を出す。女の勝負時なのだ。
  •