読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

あざいのやま

あんじょうから小川橋をわたって矢作川をこえて、ほのままたんぼんなかを東南方向にすすんだみぎがわに浅井(あざい)っていうとこがある。まっとまっすぐいくと、中島のまちをぬけて、中島橋をわたって広田川をこえて、おかをあがってデンソー西尾製作所へとつながる。

あんじょうから中島橋をわたるまでは、ずーっと田園風景がひろがる。おたうえまつりで有名な六ツ美の悠紀斎田(ゆきさいでん)も中島にある。矢作川の右岸も左岸もこんなにまったいらな地形なのに、どういうわけか浅井にはやまがある。浅井のむら自体は平地にあるだけど、むらにとなりあわせてやまがあるだ。いったいほこになにがあるのか。いっかいいってみたかったこのやまに、ついにいく機会をえた。中島橋東南にある我流っていう讃岐うどんのみせでカルボナーラ雑炊にしたつづみをうったあと、浅井のやまによった。

◇            ◇

やまはいくつかある。見当をつけてあがったやまの頂上付近にこんなおみやさんがある。

2017.5.7 あざい (1) おみやさん
(1) おみやさん

ほのままやまのうえのほうをてきとうにあるいて、みちがえだわかれするとこにほこらがある。やまのうえのほうっていっても、ふつうに民家があったりこうばがあったりする。

2017.5.7 あざい (2) ほこら
(2) ほこら

べつの方角にいくと、民家のやねごしにとなりのやまの中腹にあるはたけがみえる。NHKラジオ『ひるのいこい』の世界だ。

2017.5.7 あざい (3) やまの中腹のはたけ
(3) やまの中腹のはたけ

また方角をかえてやまをおりかけたとこに、がらんとした家屋がある。小川橋から中島橋にむかう県道をクルマではしるとちゅうにみた廃屋か。いや、廃屋っちゅうほどにはいたんどらんくて、ひょっとしたらこれからすむひとがかわるとこか。

2017.5.7 あざい (4) 家屋
(4) 家屋

いったんたににおりて、またべつのやまにのぼっていく。

2017.5.7 あざい (5) のぼりざか
(5) のぼりざか

うえのほうはまた地形がたいらかになって、みちのりょうがわにははたけもひろがる。はたけごしにみなみをのぞむ。むかしながらの農村風景だけじゃなくて、マンションやらおおきなたてもんやらもみえて、だいぶまちになっとる。

2017.5.7 あざい (6) みなみをのぞむ
(6) みなみをのぞむ

きたをのぞむと、もりのむこうははなる大河矢作川のながれがみえる。

2017.5.7 あざい (7) きたをのぞむ
(7) きたをのぞむ

ゆるくさかをあがって、やまのいちばんたかいとこまでいったとこで、いしぶみがある。1973年はるに西浅井老人会がご神木をうえたってかいてある。さいしょのやまにもおみやさんがあったけど、やっぱりやまにはかみさまがやどるのか。

2017.5.7 あざい (8) いしぶみ
(8) いしぶみ

こっからまた、きたをのぞむ。平野にひろがるのは六ツ美のむらむらか。

2017.5.7 あざい (9) きたをのぞむ
(9) きたをのぞむ

きりとおしをとおって、やまをくだる。

2017.5.7 あざい (10) くだりざか
(10) くだりざか

ちゃばたけがあらわれ、ふもとのむらもまぢかだ。

2017.5.7 あざい (11) ちゃばたけ
(11) ちゃばたけ

さいしょのやまにもどって、クルマをおいてきた喫茶店をさがす。てきとうにやまをあがって、はてこっからどっちの方向だったかな~ってなやんだとこが、ほの喫茶店だった。なかでまつつまをそとによびだし、あんじょうのわがやへとかえった。

2017.5.7 あざい (12) コーヒー家さとう
(12) コーヒー家さとう

◇            ◇

いや、ふしぎなばしょだった。おみやさんやご神木があるのはわかる。こうばがいくつかあるのも、固定資産税のやすい土地をもとめてのことと理解できる。でも、こんなに民家がぱらぱらとあるのは予想しとらんかった。ふるいうちもあたらしいうちもある。集落は平地にあり、やまはひとがすんどらんっておもっとった。平家の落人部落としてひとがすむようになったのか。いやいや、こんなにひくいやまじゃ、すぐに源氏の武者に追捕(ついぶ)されちゃう。きんじょづきあいをうとむひとが、平地集落をはなれてやまにすむことにしたのか。いや、ほんでもたんぼにいくのに不便じゃんか。やまの中腹のはたけだけじゃ生計をたてれんだらあに。いくまえの「いったいほこになにがあるのか」っていう疑問は解消したけど、こんどは「なんでここにこんなに民家がぱらぱらとあるのか」っていうあたらしい疑問がうまれた。はたして、このあたらしい疑問が解消する機会はおとずれるのか。

あざいの地図(あきひこ) 1020-700
△ あざいの地図(あきひこ)

◇            ◇

(さんこう)