読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あきひこのいいたいほうだい

いいたいほうだいってほど、いいたいほうだいにいえるわけじゃないけど、おりおりにかんじたこと、感心したことなんかをかいていくよ

密告社会か - 消防車のうどんやさんたちよりで

密告社会っていうか、めくじら社会っていうか。
このメール通報したひとには、「消防団員が私生活の一部を犠牲にして消防団をやっとってくれる」っていう感謝のきもちなんかぜんぜんないだね。

消防車でうどんやさんに - ちゅうにち 2017.4.26
愛知県一宮市消防団の50代の分団長をふくむ男性団員7人が、制服すがたのまま消防ポンプ車で市内のうどんやさんにいき、昼食をとっとったことがわかった。一宮市消防本部は2017年4月25日、全25分団長に口頭で注意をうながした。ちかく文書で全団員にもよびかける。
一宮市消防本部は、消防車は消防活動以外につかわんって市内の消防団ともうしあわせとる。消防本部によると、2017年4月16日午前9時半から消防本部で消防操法大会の説明会があり、大会へ出場予定の団員ら50人が大会でつかうポンプ車にのりあわせるなどして参加。このうち、1分団の7人が終了后、ポンプ車でうどんやさんにたちよった
市民がこのひのよるにメールで「消防車がうどんやさんにあった。おかしくないか」って写真つきで消防本部に指摘。このため2017年4月19日に「消防車で飲食店にのりつけるのは非常識」として分団長に口頭注意した。
分団長は消防本部のききとりに「つぎの予定があり、このタイミングで昼食をとるしかなかった。軽率だった」ってはなしたっていう。
小島広之消防次長は「消防車を交通手段としてつかっており、適切ではない。市民にもうしわけない」ってはなした。
(消防車でうどんやさんに - ちゅうにち 2017.4.26)

◇            ◇

(さんこう)